自殺はむしろ逆効果

自殺の相談はたまにありますのでお答えしたいと思います。

自殺は残された家族と周りは大変のと、本人にも百害あって一利なし、むしろ逆効果です。
死んで、新たにスタートをもらえる、そんな甘いことはない!!!
人の3つの要素、”魂”、”魄”、”心”、の”魄”(”物理的な”体”)を捨てるのは物を粗末する大罪であり、”行え”としても大罪です。
宗教を持って苦しむ人を脅すことはあんまりしたくないが、自殺をして、輪廻転生で生まれ変わっても必ず今より酷い所(運命)に行かされます。自殺は再スタートになるとの考えは大間違いです。この世は広く、悪い所(運命)よりも、さらに悪い所(運命)はいくらでもあります。自殺をして今の一瞬を逃れても、悪夢はそのままそっくりプラス大罪を犯した罰、が来世の現実として続きます。
辛いけど、是非、無い所から気力を振り絞っても、人に助けを求めるなど、プライドを捨てるなど、生きることをあきらめないこそが唯一の方法です。現世(残された周りの人の迷惑)、来世(自分の迷惑)を考えると自殺だけは絶対にやめてもらいたいです。

検察キーワード:死ぬ、自殺願望、命を絶つ、希望がない、リストカット、ビルから飛び降りる、いじめ、術がない、後がない、相談、相談できない、助けて、本当は死にたくない、分かってもらいたい

投稿者:

聖天宮法師

引用するする場合はこちらの blog を必ず表記してください。 http://www.seitenkyu.com/blog2/

“自殺はむしろ逆効果” への135件のフィードバック

  1. 自殺したら来世苦しむとかよく聞きますが自殺した人に直接聞いたんですか?聞けるわけないですよね
    ただの宗教、オカルト的発言ですよね
    自殺まで追い込まれてる人をさらに追い込む事になるの分からないんですか?
    自殺止めるためにこんなふざけたこと書いてるならやめていただきたい
    自殺しようが殺人しようが寿命まで生きようがどうなるかわ死んだ人しかわかりませんよ
    それとも科学的に証明出来るんですか?

    1. ①自殺して“楽になった”と死んだ人から直接聞いたともない。
      ②死んだら苦しみが無くなる科学的な証拠もない。
      ③苦しいなら”死んでもいいよ”とは言えない。

      自殺を思い止めるためであれば宗教も一つの手段と思います。
      自殺は自分の意思、殺人は他人の意思、寿命は所謂“天”の意思、せめて自分の意思で死ぬのは止めた方がよいと思います。

      因みに、“自殺したら来世苦しむ”と言っているのは世界の主な宗教であり、オカルト的な発想ではない。むしろオカルト的の方が自殺・集団自殺を誘発した例が多い。

  2. 私には自殺願望があります。スピリチュアルカウンセラーの方のセッションを受けたところ、私は前世を自殺で終えていることが分かりました。今、本来なら健康な子供が私のお腹の中で障害を負ってしまい(妊娠中の薬と胎病ダブルの障害)自殺したくなるような窮地に陥っていますが、それも自分で決めて生まれて来ている、これはチャンスなんですよ。と、言われました。自殺のカルマを断ち切るためのチャンス…良く言えばそうだが、前世で自殺していれば私みたいに今世自殺したくなるほどの悲惨な状況に陥らなければならないということなのですね。(今世の)私は何も悪いことなどしてないのにと、悔しくてなりませんが、過去世のことは、変えようもありません。また、それとは別に私は自分の母親を過去世で殺しており、同時にそのカルマも背負っています。年金のほとんどない母親と将来同居を余儀なくさせられるかもしれない状況に陥っています。前世の自分は今世で、今世の自分は来世に影響するということを痛いほど思い知らされています。今世の自分は、自殺したくてもなかなか出来ないという状況です。夫も子どもも、私が死ねば生きていけないかもしれないからです。親が亡くなっても生きていけるようにしておいてやらなければならないからです。私という自殺者は、来世結婚して子や孫に恵まれて生きるという人として普通に望む幸せも当然得られませんでした。自殺なんて出来る事ならしない方がいい!と書きながらも、あまりに悲惨な自分の境遇ですから、今後耐えられず自殺してしまうかもしれないと悩んでいる自分がいます。また、私のように今世自殺したいと苦しんでいる人は既に前世で自殺しているかもしれないとも思います。

  3. 人は生まれた時、自分の将来を悲観して自殺することはない。
    あの5歳で実の父に虐待死された女の子でさえ必死に生きようとしていた。
    決して特別に意志が強い子と思わない。

    では人は何時から自殺を考えるようになるのかを考えてもらいたい。
    世界はひろし、例えば、内戦のため、難民キャンプに強いられる人達とかも生きようとしている。
    他人と比べたり、以前の自分と比べたりとかしているから悔しい気持になる。こんなもんかと思って生きていけばよい。
    自分の考え方一つで変われるはず。
    前世自殺したから、また困難があるから必ず自殺に陥るわけではない。

    前世について
    以前も以下を投稿しました。
    ”前世の行いは過ぎたことなので今から何か出来るわけではないので無意味・・・全ての前世が具現化して現世になっているので、”現世を頑張ればよい”、(道教)は現世利益の強い宗教です。

    来世について
    よって、道教の考えでは日々、刻々生きていくだけで徳積みになり来世のプラスになる(注釈:頑張っていれば、願わくば現生で好転するかもしれない)。辛いけど、是非、無い所から気力を振り絞って、人に助けを求めてください。
    世間は世知辛いと思うかもしれないが、世間は社会として手を差し伸べる公的機関は多々あります、例えば親は介護保険、子ともは児童福祉などがあり、フルに活用してください。生きることをあきらめないこそが現生・来世を良くする唯一の方法です。

    これだけの人(夫、子、親)があなたを頼りにしているので、あなたが一日でも長く生きると人の何倍も徳を積んたことになる。
    来世の徳積みを信じなくても、最後まで自分の人生を見届けるのを生きる目標にしてもらいたい。

  4. 苦しんだ人を救わず自殺させておいてもっと不幸にするとかどんだけ
    サタンの宗教じゃん

    1. 救いについて

      事故で足を無くし、アスリートなのでその足を戻せば救いになるでしょうか。
      病気で妻を亡くし、孤独だからその妻を生き返らせれば救いになるでしょうか。
      全の願いを叶えればそれが救いになるでしょうか。
      サタンに魂を売れば叶ってくれるかも知れませんが、道教はそう甘くない。
      道教は摂理を説く宗教、人気取りではない、あしからず。

      道教の自殺について
      人生の苦しみに耐えて生きている人も多く、そう考えると自殺はよい行えとは思えない。
      自分の苦しみは特別と思わないで苦しみを何とか乗り越え、
      現世での好転を信じ、最悪その頑張りは来世に繋がるとしている。

      平等と道徳を説き、絶望に希望を与え、
      盲信を要しないこの考え方は至って健全と思うが。

  5. どう努力しても常に孤独。常に寂しく惨めでもう生きたくない。持てる人は何でも持っていて、私は何一つ手に入らなかった。努力してもいつも人に好かれず上手く行かないのかわからない。親には虐待されてきた影響からまだ抜け出せない。自分より何十年も若い人達がみな結婚していく。私だけ何も変わらない。何をやってもやらなくてもモテないし友達もできない。こんな人生もう嫌だと拒否する自由すらないなら、ただの嫌がらせじゃないか!

    1. 虐待をされ、虐待が連鎖を続ける人もいるし優しくなる人もいる。
      結婚に嫌気がさし蒸発、また家族を殺す人もいる。
      物があってもその物が親戚、家政婦に盗まれる心配をする人もいる。
      モテてモテてモテるために拒食、またカッコいいから麻薬に手を出す学生もいる。

      不幸、幸も含め、主観的な所が多く、
      あんまり回りとか自分の過去とかと比べない方が良い。
      自分の苦しみは特別と思わないで、一人ではなく社会の様様な仕組みも使い、この苦しみを何とか乗り越える努力をして現世での好転を信じ、最悪その頑張りは来世に繋がるとしているのが道教。
      同じ苦しみに耐えて生きている人も多くいるので
      やはり自分の命を自分で絶つのは良い行えではない。

    1. 思想、政治、宗教を目的とした”死”。
      その思想、政治、宗教内には価値あるでしょう。

      以上の死と悲観死を比べると、前者は”陽”の自殺に属し、
      後者は”陰”の自殺に属す。

  6. 生きて行くのも苦しいし、自殺することもできない。どうすればよいのかわからない。

  7. もしも自殺できたとしても、痛いし苦しいし、今以上に苦しみが永遠に続くなんて、来世でもっと苦しむなんて耐えられないです。

    1. 前世の記憶がないので、来世の自分が頑張れば負のサイクルを絶つことが出来る、永遠ではない。来世が今より不利を被らないため今、少しでも頑張ってもらいたい。親が子のために頑張るようにと。記憶は無いから意味がない、来世を信じないとしても苦しさから逃れるための自殺は良くない。

  8. 自殺を考えるほど苦しんでる人や大切な人を自殺で亡くした人への当てつけのような内容ですね。

  9. 幸福度の高い国ほど安楽死制度が整ってますね。暗く恐ろしい沼に頭を押さえられ沈められているような生を生きている人が大勢います。この地獄は誰にも救えない。救えないのに死ぬことを許さないなんて、人殺しと同じくらい残酷な行いです。本当に魂を救いたいと願う方なら、安心して死ねる世の中を作ることが絶対に必要だと理解できるはずです。

    1. ネットの情報、
      2016年10万人あたりの自殺者率・・・幸福度ランキング、
      上位をよくしめるフィンランド15.9人、下位をよくしめるアフガニスタン
      4.7人。ちなみに日本18.5人。

      幸福度と自殺率は関係ないと思うが・・・
      安楽死制度は政治・医学なので幸福度とは関係ないと思うが・・・

      道教的に幸福度を考えると、
      幸福度は”陽”を測る指標、
      ”陰”に生きる人たちは測れない。

      ”生きているのが地獄だから死ぬと楽になる”
      と言えない以上頑張ってもらうしかない。
      自分の苦しみは特別と思わないで、一人ではなく社会の様様な仕組みも使い、
      この苦しみを何とか乗り越える努力をして現世での好転を信じ、
      最悪その頑張りは来世に繋がるとしているのが道教。
      同じ苦しみに耐えて生きている人も多くいるので
      やはり自分の命を自分で絶つのは良い行えとは言えない。

  10. 現状から逃げても逃げても逃げ切れない。自殺は卑怯な行いですか?自分勝手だよね本当に。それでも死にたいとなれば、救いようも無い。永遠に続く、そう堂々廻りだ。

    1. 何から逃げているのは分からないが、他人から逃げている、
      自分から逃げている、社会から逃げている。

      他人から逃げることはない、警察と相談する、もしくは相手を説得する。
      自分から逃げることはない、自分を変える、もしくは考え方を変える。
      社会から逃げることはない、社会は受け入れる、もしくは一票を投じる。

      逃げる事は悪いと言ってない、死に逃げるのは良くないと言っている。
      何故なら、唯一逃げられないのは死、死から逃げる志しが大事。

  11. 明日、生きたくても生きられない人の事を考えると自殺はどうなんだろう。生きてればなんとかなるかもしれないし。そして東日本大震災で、お亡くなりになった方の気持を考えると、命とはなんだろうと真剣に考えてしまう。自殺して後悔するより、生きて後悔した方がましだよ!と言うでしょうね?

    1. 死んでからは後悔できない、やり直せない。
      後悔は生きている証し、臆することはない。
      また後悔は良くなりたい証し、同じ轍を踏まないことが大事。

      東日本大震災について
      正しくそう、以前も書きました。
      ”死にたくない人、また死んでもらいたくない人も
      簡単に死ぬこの世の中。
      自分で自分の命を断つのは贅沢と思ってもらいたい。”

      また、こうも書きました。
      自殺は自分の意思、殺人は他人の意思、寿命は所謂“天”の意思、
      せめて自分の意思で死ぬのは止めた方がよいと思う。

  12. 死ぬ以前に、この宇宙から消えてなくなりたいです。私という存在を存在していなかったことにしてもらいたいというか、宇宙に綺麗さっぱり消去してもらいたい。生きることがしんどい、何もしたくない。希望も無い。生まれてきたくなかった。私という意識体、魂をつくった存在にものすごく腹が立つ。

    1. 人類はただの星屑、偶然の産物と思うなら、
      だれ一人、意義は無く、希望もない。

      道教的、人は他と違い意志があり、
      その意志を詳細に理解する能力もある。
      ”しんどい、何もしたくない”と謂った気持ちを持つのも人の証。
      だが、これらは生まれ持った考えではない。
      例えば、障害もつ子供は生きようとする、親は悲観的だが子供の
      生きたい気持ちを思い起こし奮闘する。
      上手くいく行かないかもしれないが生き様は残る。
      生きるのはやはり自分が主導しないと。
      自分と自分の存在を成り立つ60兆の細胞と共に生きていくのみである。

      以前の投稿
      ”自分の苦しみは特別と思わないで、一人ではなく社会の様様な仕組みも使い、
      この苦しみを何とか乗り越える努力をして現世での好転を信じ、
      最悪その頑張りは来世に繋がるとしているのが道教。
      同じ苦しみに耐えて生きている人も多くいるので
      やはり自分の命を自分で絶つのは良い行えとは言えない。”

  13. この説得の仕方は寧ろ逆効果

    人間社会全体の事を考えれば正論ですが、死にたい状態になってしまった弱き個人の心には響かない言説だと思います。

    自殺を諌める論拠は大別して2つだと思います。
    美醜論と損得論。
     本来は、前者一本で行くべきなんです。
    (生存競争で劣位にある人が)最期まで生き抜くのは大変だ。だけどそれが人としては美しい。ただ、勇気も要る。
    そして、それを伝えるのは骨が折れる。
     だから安直に「自殺してもリセット出来ない。やるだけ無駄。得しない。」と言う損得論が出て来るのですが、全文の流れから、「あ、ここの箇所後付だな」と気付かれてしまうのです。

    後付でも、自殺さえ止められたら、それでも良いとお考えかもしれませんが、思想に一生の身を捧げられているのならば、もう一段の思想深耕を期待いたします
     

    1. 理論はなるべく”個”にも”全”にも当てはめるのは理想的、頑張る!

      美醜論は”生前”に軸足、損得論は”死後”に軸足。

      自殺に追い込まれている人は後者の方が該当すると思うが・・・

      「あ、ここの箇所後付だな」のは何処を指すのは不明だが、
      コメントの美醜論として”人としては美しい。ただ、勇気も要る”も
      結構後付けと思うが・・・

  14. 自殺が逃げの選択肢であること、悪手であるのは物質主義的にも理解できますが、宗教としてあなたの言説を見るときに疑問が残ります。
    あなたがどう人間を、他者を認識しているかはわかりませんが、基本的に人間とは弱い生き物だと思います。他人にとっては些事とされる理由で死を選んでしまう人間も多いです。それでも、崇高とは呼べないまでも彼らなりの絶対的な意思決定の果てに選択したはずのことです。
    さて、もし神や超次元的な理が私たちを管理、監督しているのなら。
    なぜ苦しみから逃げた人に、さらなる苦しみを与えようとするのでしょうか?
    それを罰として与えるのならあまりに人間的だとは思えないでしょうか。だって現時点で越えれなかった壁を、さらに高くするんですよ。
    その壁を越えれる因果がない。
    となれば、これは自殺をしてしまう弱い人間とそうでない強い人間の振り分けなのでは?とも考えてしまいます。言うなれば選民思想ですよね。
    もちろん宗教の興りから考えれば、選民思想から完全に脱却した教えは少ないと思います。それをあげつらうつもりは一切ありません。
    しかし、そういった側面を無視、気づかずに一辺倒に自殺を悪と説くあなたの徳はいかほどでしょうか。

    自殺を考えている皆さん。
    私にも、きっと多くの人にもあなたの苦しみを正確に理解するのは難しいと思います。それでも少しおすそわけしてもらえれば、本当に少しくらいは寄り添えるものです。
    極端な話ではありますが、苦しみの多くは自身の執着から生まれるものだと私は思っています。
    見えぬ世界への旅立ち、肉体への加害への恐れすらも乗り越えれる方々なのですから、今少し、自分が何に囚われているのか考える時間を与えてあげても良いのではないでしょうか?
    自死という選択肢まで見出だしているのですから、皆さんに定められたことなどなにもないし、自由になっていいと思うのです。
    自分を対象にするのであれば、死ぬのは好き勝手した後でも遅くないと思います。

    1. ”苦しみから逃げるな”とは言っていない、”死を以て苦しみから
      逃げるのは無駄、逆効果”と言っている。

      苦しいから”死に逃げていいよ”と言えない以上、宗教も自殺を防ぐ
      一つの手段。

      コメントの前半は弱い人が自殺すると。
      コメントの後半は強い人が自殺すると。
      どっち?

      まず、弱さ、強さと自殺は関係ない、
      弱くても一生懸命生きている人は多い。
      生き続けるのも勇気が必要、強いのである。
      ちなみに、人の”弱さ”は自然に対しての圧倒的な弱さと自分に対しての弱さ。

      神は公平であるが、人は短命な存在なのでそうは感じない。
      神が“管理、監督”している以上フェアでないと。
      コメントに“現時点で越えられなかった壁を、さらに高くするのですよ。その壁を越えられる因果がない。”は以下で説明できる。

      コメントに“他人にとっては些事とされる理由で死を選んでしまう人間も多いです”と。まさしく、その通り、自分が感じるこの苦しみは“些細”と思っている人が多くいると。もし、同じ苦しみで大半の人が死を選ぶのであればそれは初めて“些細”ではなくなる、なぜなら“些細”と言われなくなるから。

      コメントの後半は死ぬ行為を美徳している、また、最後のコメントは的はずれ、犯罪を誘発するので注意。

      当初2016から以下をブログの最後に書いている(最後めで読んでね。)
      “・・・・辛いけど、是非、無い所から気力を振り絞って、人に助けを求めるなど、プライドを捨てるなど、生きることをあきらめないこそが唯一の方法・・・現世(残された周りの人の迷惑)、来世(自分の迷惑)を考えると自殺だけは絶対にやめてもらいたい・・・”
      は宗教抜きでも健全な考えと思うが・・・

    1. 人がどう生と死と関わればよいのかを述べたい。

      道教は生死を陰と陽に結びつける。

      万物万象は陽から陰に移りゆく、川が流れるようだ。
      陽を常に生み出さなければ陰へと移りゆく。

      自然は太陽、熱などで陽を生み出す。
      人間は陽を生み出すためには陽の行動が必用。

      人が住むこの陽から陰に移りゆく世界、陰の行動、“自殺”、“壊す”などは陰のバイアスが掛かっているので簡単、人の陰の行動を加えなくても陰へ移りゆく。逆に陽の行動、“生る”または“作る”などは努力が必要、水の流れに逆らう人の陽の行動は道教からすると陰の行動よりは道徳的。

  15. 他人や過去の自分と比べて惨めになるなんて理由で自殺する人はほとんどいませんよ。多くの自殺者は精神や体の健康を失い激痛に耐えた挙げ句、苦しみ抜いた上の絶望の末に死を選ばざるを得なくなり死ぬのです。ブログで発信している方だと思うのですが、ブログでは自殺志願者の苦しみにこたえるなんてことはそもそも出来ないことだと思います。ツールとしてブログでは不可能です。ちなみに私はちょっとまえまで体調が悪く、希死念慮が収まらなかったのですが、入院加療してやっと調子が上向いてきて死にたい気持ちが収まってきました。二十年以上苦しんでいます。ブログを書いている方が理解していないのは、死にたい人はそもそも病気なんです。死にたい人の相談にのれるのは、プロの聖職者か医療従事者しかいません。理屈だけしかブログでは伝わらない内容だと思います。

    1. 参議院が出しているデータを参照
      https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2007pdf/20070907079.pdf
      ※古いかもしれないが、ネットにあるデータ、プロが集計したものだと思う。

      以上、中の図を参照しながらコメントに答えたい。

      人の弱さは自然に対しての圧倒的な弱さ、例えば天災、飢餓、疫病、老いなど、
      自殺のみに絞ると60歳以上の自殺の最大要因は健康問題、つまり病気・老い。
      60歳以下の最大要因、経済・生活問題なのは若いほうが病気から治る可能性が高いのであろう。注。図表8 年齢及び原因・動機別自殺者数
      コメントを書いた方の年齢は不明だが自殺せずに自殺志願・病気を克服したことは喜ばしい事。

      では自殺の第2要因経済・生活問題を述べる。
      コメントに“他人や過去の自分と比べて惨めになるなんて理由で自殺する人はほとんどいませんよ。”は間違いである。何故なら、自殺率は景気が悪くなると高くなるからである。
      注。図表6 経済・生活問題による自殺者数と完全失業者数の推移。
      自殺者数と完全失業率の推移は酷似しているのが分かる。
      例えば、職を失い収入が激減、ローンが払えなくなり、生活水準を変えざるをえない。当初払えると思って組んだローンは払えなくなり、当初維持ができると思って生活水準は維持できなくなる。つまり以前の自分、世間体と比べ惨めと思い“精神や体の健康を失い”自殺をするのである。日本の様に絶対的貧困ではなく相対的貧困であれば容易の起こることそれがデーターで示されている。
      ですが、世間は世知辛いと思うかもしれないが、世間は社会として手を差し伸べる公的機関は多々あり、フルに活用してください。一日で長く生きてもらいたいからである。
      もちらん公的機関なので社会に戻れる努力は要求されるし、戻れる努力をしてもらいたい。

      コメント:“ブログでは自殺志願者の苦しみにこたえるなんてことはそもそも出来ないことだと思います。ツールとしてブログでは不可能です。”
      “自殺志願者”の家族でさえ応えるのが困難なのに、当ブログに対しての意見は重々甘んじるが、人として言葉が唯一の伝達方法なので“苦しいだから自殺してもいいよ”と言えない以上、努力し続けるしかない。ブログを見て“無理”と思えばそれは私の力不足、言葉の力不足であるが、自殺する人も、私の意見を読んで自殺をしない努力をしてもらいたい。苦しみを何とか乗り越える努力をして現世での好転を信じ、最悪その頑張りは来世に繋がるのを伝えたい。

  16. 私の実名は非公開にしといてください。入力プロセスがよくわからず送信しました。

  17. あと、ブログで自殺について言及すると言うことは、病について言及するのと同じだと言う視点を持つべきです。自殺をする人の多くが精神の病です。インターネットのブログで数十行で語れる内容ではないように思う。アンチコメントがつくのは当然です。不謹慎です。

    1. 自殺は病かどうかは論じてない、自殺をする人の診断はプロでさえ100%ではない。

      “自殺が,ある日突然起こることはまずない.傍
      から見ると突然に見えるような自殺でも,その人
      なりのプロセスが進行して自殺に至る.そして,
      自殺時には,約 90%の人が何らかの精神科診断
      がつく状態であったことがよく知られている“
      日本精神神経学会 精神経誌(2012)114巻 5号
      特集 張:精神医療と自殺対策 553pg

      診断がつく90%の人にも語りたいし、診断がつかない10%の人にも語りたい。
      アンチコメントはあるから話題にしてはいけない話題ではない。

  18. 死にたい人の多くは精神の病だし、希死念慮は病状なので、死にたいといっている人は本当は死にたくないのです。自殺が多いことは社会の問題でもあります。個人だけの責任ではない。自殺についてブログに書くなら、自殺がなぜ起きるのか、何が原因で人が死を選んでしまうのか、ということを正確に知るべき。アンチコメントを返す人の一部は苦境にある上に、あなたの言動にさらに心を傷つけられています。言葉の使い方は大切です。あと、自殺についての認識が不正確ですよ。

  19. 本当は自殺しても天国に行けますよね?
    コロナ渦で緊急事態宣言解除もあやふやな中、思う様に事が運ばす、唯一の生き甲斐を失い、人生の運が尽き、守護霊から死になさいと聞こえられたら不治の病に掛からなくても寿命が来たと言う事では。
    そうなったら自殺しかないです。それが寿命です。
    追い詰められた末の自殺は確実に天国に行けます。
    西郷隆盛さんと乃木希典さんと小説家の有島武郎さんと三島由紀夫さんは自殺しても天国に行けましたよ。
    もしかしたら、昨年自殺した俳優の三浦春馬君も天国に行けるかもです。
    只、一昨年の登戸の通り魔事件の犯人の自殺は確実に地獄行きですがね。

    1. そもそも道教と言う宗教は“天国”の概念はない、所謂“天国”は無いからである。
      これについて以前に書き込みあり。

      “自殺”の行為は“寿命”ではない。
      寿命は自分の意志によらない死、自殺は文字通り自分の意志による死、一緒ではない。

      追い詰められても自殺を選ぶのは良くない。
      志しを以って生き続けることはとても大切であり、一日で長く生き現世の好転を信じ、最悪、来世の糧になる。

      “人生の運が尽き守護霊から死になさいと聞こえられたら”について
      聞こえているのは“思考”・“理性”、所謂“霊”ではない。
      生きるとは“霊”と“魄”は一体であり、霊は別人格として捉えるのは間違いである。しかも“霊”は生きる原動力なので、“霊”の方から死を選ぶことはない。人は、死を選ぶのは、人の“思考・志し”とそれを具現化する“行い”。
      因みに、別人格の霊はその人の霊ではなく“陰”に属する別モノであり、人を“守護”することなく、むしろ人を“死”に追いやるであろう。よって“守護霊”は間違いである。

  20. コロナ渦の影響で自殺が多くなるのは仕方ないかも。
    どうしても生きていても無理なら自殺してもやむを得まい。
    自殺すれば楽になれない事は無いですよ。
    その時は来世でもう一度やり直してもいいかも。

    1. コメントは極めて無責任である。自殺はただのリセットボタンではない、どれだけ来世への悪影響があるのを軽視してはならない。
      コロナ渦の自殺は経済的が主であるのであれば、日本の様に絶対的貧困ではなく相対的貧困であれば、世間は世知辛いと思うかもしれないが、世間は社会として手を差し伸べる公的機関は多々あり、フルに活用してもらいたい。一日で長く生き現世の好転を信じ、最悪、来世の糧になる。

    1. 希望がないのも多種多様なので、子供が巣立っての廃人、伴侶を無くしての廃人、裕福でも無気力の廃人もある。

      廃人から出来れば脱却してもらいたいが、例え廃人生活になっても、生きるためには最低限の食事、衛生に気負配らないと長く続かない。廃人は自殺よりは糧になる、何故なら自分の意志でその体を維持しているその事実はあるから。

      因みに、2016年11月15日の投稿

      以前も話した、生きるのは自分を構成する34億の細胞に対しての責任と、来世を信じるのであれば、徳積みをして来世のためにある。

      具代的に例をあげてみましょう。
      陰陽で考えると、先ず平均寿命の真ん中として、人生前半と後半と分け、それに加えて自分に対しての意欲の有無と4つに分類が出来る。

      一番向いている生き方はこうなる。
      ①人生前半で意欲が有る人は意欲にまっしぐらに進めばよい。特にアドバイスは無いが、ペースを上げすぎるとまた、周りの人に気を配らないと挫折をしやすい。
      ②人生前半で意欲が無い人は人と向き合うより自然と向き合あうことがよい。とくに物作り、研究がよい。なぜなら、自然は正直であり、そこから①になるように目標を見つけるでしょう。
      ③人生後半で意欲のある人は人間関係をよくするとよい。例えば、後世、子孫、後輩の育成に努める。何故なら、身体と精神にギャップがあり、無理をすると病気、怪我に繋がる。物理的に弱くなったことを認識する。
      ④人生後半で意欲の無い人は介護、また人の後始末に関わる仕事がよい。なぜなら、来世を信じなくても、無理なく来世の徳積みがで来る。目標がどうしても見つけなく、どうしても③になれなければこれが一番よい。

      1. 人生の前半、後半とはどこからなのでしょうか?

        無職、無気力、39歳、体力なし。
        介護は厳しい。人の後始末の仕事は具体的には、葬式屋とかでしょうか?

        1. 先ず平均寿命の真ん中として、人生前半と後半と分ける。
          https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life09/01.html
          よるとH21年男性の平均寿命は79.59歳、半分は39.80歳。
          39歳か・・・十分“陽の気”があると思うが。

          “意欲は無い”、“無気力”でも
          お仕事をする以上、与えられた仕事に対して、下手でも、善意を持って
          しないと給金をもらう資格はない。

          葬儀屋、特殊清掃もよいが、
          思い浮かぶ人の後始末に関わる受けだけでできる仕事。
          リサイクルセンター分別作業員、
          夜間・閉店後店舗清掃、
          コールセンターのクレーム対応
          お仕事なのでもちろん丁寧・礼儀よくしなければならない。

  21. 前世は天明の大飢饉で飢餓に耐えられずに自殺、前前世は応仁の乱で戦乱の状況に耐えられずに自殺、今世はコロナ渦の影響で自殺を検討中。
    来世でもう一度やり直すしかないな。
    早い所自殺して天国に行きたいな。

    1. 例え前世が“殺人鬼”、“王族の末裔”であったとしても全ての前世が具現化した現世なので、
      ”現世・今世を頑張ればよい”、道教は現世利益の強い宗教。

      “来世でもう一度やり直す”ことは出来るが、自殺の場合+-セロのリセットとはいかない。

  22. 逃げるのは悪くないのでならば死に逃げるのは悪くないのではないでしょうか?
    逃げていいと言う事は生きる事から逃げていいと言う事と同じです。
    そして来世で再スタートすればいいんです。
    前々世と前世と今世が自殺ならばさすがに来世はいい方向に行けるはずです。

    1. 以前の返事

      逃げる事は悪いと言ってない、死に逃げるのは良くないと言っている。
      何故なら、唯一逃げられないのは死、死から逃げる志しが大事。

  23. 因みに自殺はリセットボタンです。
    だからコロナ渦で自殺数は確実に増えているんです。
    日本では自殺数が多いのは自殺がリセットボタンだからなんです。

    1. 自殺はリセットボタンじゃない、リスタートボタンだ。

      リスタートは、今状をベースに再度試みる。
      リセットは、初期状態から、
      全然違う。

      日本の自殺数多いのは高い教育水準、高度な経済、相対的貧困など。

  24. 死に追いやるであろう陰に属する別モノは何ですか?
    そんなもん居ない気がしますがね。
    神様と守護霊に来世で良いところにいけるから早いとこ死になさいと聞こえられているんですから。

    1. 神様は“早いとこ死になさい”とは言わない、何故ならそれはもはや神ではなく“邪鬼”である。
      守護霊はもしあれば“早いとこ死になさい”とは言わない、何故ならそれはもはやあなたを“守護”しない“怨霊”である。

      陽に属する今世に生まれた人を来世に誘う(いざなう)のは陰に属するモノであり、聞いてはならない。

  25. “1日でも長く生き好転を信じ、最悪来世の糧である”
    絶対信じません。
    そんなのインチキじゃないかと。
    それなら1日でも早く死んだ方がましです。
    不治の病に掛からなくても寿命が来ているので。

    1. 急の様なのでこのコメントを先に答えて、先のコメントは後に答える。

      死ぬと“行い”は止まるのでそれ以上“糧”にならない、生きるこそ“糧”になる。
      自分の意志で死ぬのは自殺、他の要因で死ぬのは寿命。全然違う。
      寿命は何時、死ぬのかはかわからない、自殺は分かる。全然違う。
      何時、死ぬのか分からないからコツコツと生活する。
      何時、死ぬのが分かれば逆算できるので全然違う。

  26.  自殺について。
     私も以前(約10年前)自殺を真剣に考えたことがあります。
     いのちの電話や精神科医の助けを借りて、なんとか生き延びられました。
     その時の経験から申し上げますと、自殺すると死後苦しむという考えは、あまり役に立たなかったような気がします。
     少しだけ歯止めになったような気がしますが。。。
     もちろん全ての人に効果がないと言う気はありませんが。
     私が自殺したくなったのは、理屈で考えたことではなくて自殺衝動なので、死後苦しむから自殺をやめようという考えすらも、歯が立たないことを、私が体験しました。
     自殺することへの罪悪感(周りが悲しむ)より、生きていることへの罪悪感(人に迷惑がかかる)が上回れば、罪悪感で自殺を阻止するのは困難だと思いました。
     自殺しないことで人に迷惑をかけることをある程度許容することも、自殺防止には、いいのではないかと私個人的に思いました。
     個人的な意見ですみませんが。。。

    1. 自殺をすれば楽になる、天国にいける、リセットになる、に対してそれは違うよと言いたい。論理的に考えても、死ねば楽になるのは安易だよと言いたい。

      生きるためには人に迷惑を掛けてもいい。あなたの迷惑を受けてくれるその行為はその人の“行え”であり、あなたが罪悪感を持つ必要はない。社会制度を利用するのもそうと思ってもらいたい。

      迷惑を掛けているその気持ちに真に報いるのであれば生き続けるのみ、自殺したらそれは出来ない。

  27. 自殺だろうが死んだらそこで終わりで前世も来世もないし輪廻転生とかいうのもないよハゲ

    1. 信仰は自由なのでどっちでもよいが、だが自殺を突き放す、または助長するコメントは良くない。

      剃髪、または薄毛に対してのコメントでしょうか?両方?
      データーはとってないが、輪廻転生を信じる人の薄毛の割合は一般人口と同じぐらいと思う、また道教の聖職者は剃髪をしない。

      1. ハゲってただお前に対して言っただけだけど
        メインの回答より長々書いてどうした?ハゲてるジジイ
        ドンマイw

        1. そっちか、個人か・・まじめにコメントした損。
          個人的な内容は答えられないのごめんね・・・
          こちらの勝手な制約なのでドンマイw(あ、長い・・)

  28. コメント欄拝見しました。自殺を考えており身につまされる内容でした。
    それでも、例え罪だと言われようとも私の希死念慮が変わりません。
    幼少期より父母、年の離れた兄に虐待されました。(まだ殺されていない私が虐待だと口にするのは自分自身気がひける思いがありますが。)毎日3~12時間、1年中、罵詈雑言を浴びながら殴られました。私はおかしくなりました。8才の時には自殺するつもりで遺書を書いていました。当時は分かりませんでしたが、兄は精神障害があったんだと思います。私の事を汚い、汚いと言って毎日何時間も殴り続けるし、外に触れたものは全て汚いと言ってシャワーを頻繁に浴び、手を洗い、それを私にも強要しました。母親は私を殴っている兄を止めることをせず「もっとやれー」と殴る事を応援していたし、「お前は不幸の根源だ」「国語のテストで100点取れない奴は日本語を話すな」と言われ首をしめられました。両親は2人とも高校教師をしており、祖父母も教師でした。成績が良くなければ人間とみなしてもらえません。兄はIQが120以上、私はIQ104です。母が笑いながら悪口を言うんです、兄に比べて智子はIQが低いと。IQの数値まで兄妹間で比べられ悪口言われました。私は凡人ですが学年1番を取りオール5を取れるよう必死で努力しなんとか達成しましたが、結局人間として見てもらう事はできませんでした。何をしても人間として扱ってもらえません。お風呂にも満足に入れてもらえず、ごはんももらえず、学校の給食の残りを袋で持って帰って食べました。父からはナイフで刺されそうになりました。兄からは、今日は1日殴ってあげるから学校行かなくていいよ、と言われる事もありました。
    まだ13才だった私は殺されたくありませんでした、生きたかったです。大人になるまで生き延びれば、きっと幸せになれるはずだ。でも、このままだといずれ殺されるんだろうな、と思うほど日々の暴力が酷くこの人たちが死ぬか、または私が死ななくてはいけないか、どちらかという所にまでになっていました。私は何も悪いことをしていないのに、毎日何時間も殴られ、この汚い家で本当は守ってくれるはずの実の家族に殴り殺される、それだけの人生は嫌だと思いました。実の家族に殴り殺される為、その痛み、体だけでなく精神的な痛みを味わって殺される為だけの命、人生だとは受け入れられなかったです。私が死なない為に、先に一番暴力をふるう兄に死んでもらおうと思いました。夜、兄が寝ている所に包丁を持って忍び寄ります。兄の上で包丁を構えた時、どうやって刺せばいいのか、どんな向きにして、どんな力で?分かりませんでした。すやすや眠っている兄の、寝込みを襲う罪悪感もありました。怖くなってそれ以上はできませんでした。私は訳も分からず、薬を大量に飲んだり、車道に飛び出してトラックに引かれようとしたり、学校には行かずにふらっと20キロくらい離れた場所まで自転車でいったり、柔軟剤を飲もうとしたり、一酸化炭素を吸おうと家で火を起こしたりしました。死にたいとも明確には思っていないけど体が勝手に死にむかっているみたいでした。ある朝起きると、スズメが鳴いているのですが、いつもならチュンチュンといっているのに、その日は「お前は生きている価値がないから死ね」といわれました。私の頭の1%程は、まだまともで、スズメが日本語を話すわけない、私は幻聴を聞いているのだと思いました。起き上がって歩こうとすると、床が私に「生きている価値のないお前が私の事を踏むな!」と怒ってきました。私は立って歩くことができなくなり、寝たきりになりました。家の外は大通りで、人々が楽しそうに声をあげて笑いながら歩いていました。15才で生育歴からも視野が狭かった私は、この世の苦痛のほとんどを自分が負わされ、その変わりにあの人たちは笑っていられるんだ、と、憎さと殺意をおぼえました。見ず知らずの通行人全員に対して。ちょうどその頃、無差別連続殺人が起きて新聞に関連記事が載っていました。私は、クラスメートが話すジャニーズの誰々が格好いい等の気持ちが全く分からず、新聞に載っている無差別殺人犯の言うことのほうが、良く分かってしまいました。これはやばい、私はおかしいと焦りました。自分のおかしさを物凄く認識しました。
    一番辛かった時期はこんな状況でした。
    そこから寮のある高校に進学し努力し、周りの温かい人たちと出会い、私の考えも人間性も変化しました。
    しかし、高校を卒業して家に戻るとまた地獄でした。
    一人で生きていく為に、家を出ました。通っていた大学を続ける為には風俗で働くしか、勉強時間と金銭面を両立させる事はできないだろうと思い、見学に行きましたが、私には無理でした。色々なことがあり、精神状況にも波があり、今、金銭的にも追い詰められています。私自身も辛い時期が長く続いていてしんどく、余命があと50年とするとクラクラします。行政にも迷惑をかけますし、蔑んだ目で見られます。綺麗事抜きに生きていても税金を食い潰すだけ、だれも私が生きる事を望んでいない、私自身も。人は追い詰められると理性をなくします。お金がなくなったら盗みをするかもしれないし、オレオレ詐欺で年配者からお金を奪うかもしれない。近所の生活保護受給者が、担当の市役所の職員を刺した事件もありました。自分の生に固執して人を傷つけるより、自死を選ぶほうが私自身は素晴らしいと思っています。人間の心が失くなって、人の形をした獣としていきるよりも、人の心を持っている間に死にたいと思っているのです。これは私が自分自身の場合で思っている事であって、決して他の人に薦めている訳ではありませんが、個人的なご相談として、これは間違っているでしょうか?
    生きて恥をさらす前に死にたいのです。人のものを奪うような醜い自分になりたくないのです。死ぬのがどうして悪い事なのでしょう。私自身、死ぬ瞬間には、誰も恨まず何も恨まず、無理やりにでも笑顔でいようと思っています。
    上手く死ねたら、臓器を病気で苦しんでいる人に提供できるかもしれませんし。

    1. 想像もできないほど悲惨な人生はある一方、想像もできないほど恵まれている人生もある。これは偶然の産物でしょうか。
      恵まれているほど驕り(おごり)、恵まれていないほど羨む(うらやむ)それを少しでも“個別に”、または“共に”減らすのが“道徳的”であると、は道教の教えである。

  29. こんにちは。
    自殺について何度も真剣に考えたことがある者です。

    聖天宮法師のお話にたいして、自殺を考える人をさらに追い込んでいる、逆効果だという書き込みが見受けられますが、これを書き込んだ方々が実際に「自殺しよう」と心の底から思ったことのある人々であるのか、私にはいささか疑問に感じました。

    これは完全に個人的な意見でありますが、自殺をしよう、どうやって?どこで?と具体的に考えるようになった人に、「自殺しても楽にはならない」と、伝えることは決して、追い込んでいるというわけではないのだと思います。(本人がすでに自分自身を追い込めるところのギリギリまで追い込んでいる。)

    少なくとも、私はこの考えに出会ったとき「救われ」ました。崖の端に立って、この崖の上での生活は辛すぎるからと、飛び降りてやろうと思って下を覗いてこの先に何があるだろう?と考えていたときに、「この先により大きな苦しみが待っている」と言われたことで、ええ、たとえそれが、”科学的根拠のない、ただの可能性の話し”であったとしても、、それならばと、飛び降りても地獄、ここにいても地獄…。状況は変わらないのだから、ここで足掻く他ないのだと思えたのです。
    結局どこかで向き合わねばならぬ。それがあとになるか、今か。

    そうして、私は崖に背を向け、初めて”本当の意味で”人生に対峙したのです。この先で、千の矢が降ってこようと、真っ向から受け止めてやる。そう、思えたのです。

    人間、落ちるところまで落ちると笑えてくるんですね。比喩ではなく、人は絶望すると笑う。脳科学的な原因は分かりませんが、一因としては安心するんですかね、心の底から。落ちるところまで落ちると、もう落ちるところがない。そう思うと、自分の状況、考え、全てが心の底から可笑しくって、楽しくてしかたがないというふうに笑えるから不思議です。

    一度、不思議な経験をいたしました。苦しみ、嘆いて悲壮的な思いになったとき、空(くう)に向かって叫んだことがあります。「こんな不平等な世界を作ったのが、神ってんなら、私が死んだらぶん殴りに行ってやる!!」って(お恥ずかしい)
    そうしたら、笑われた気がしたんです。誰かに。そうして頭のなかに返事?のような声のような、いいえあれは「思考」でしたね、それが返ってきました。

    その声はとても優しく、慈愛に満ちていました。(当時の私は慈愛という言葉もまだ知らぬ子供でした)
    「いいよ、いいよ。何時でも来なさい。いつまでも待ってるからね。一発と言わず気がすむまで殴れば良いさ。ただ、それまでは”ちゃんと”、生きて。生きてそれから、ゆっくりと来なさい」
    その返事を聞き、体から力が抜けるのが分かりました。責める気持ちが急速にしぼんでいきました。

    それから暫くして、「公平、不公平」というのは人間の作った価値観で、神はこの世界を、別にわざと人が苦しむように創ったわけではなく。
    世界も自分という存在も、ただ、そこに在るだけなのだということがわかり、神にたいして不満?は失くなりました。人は現実を観て幸・不幸を判断し、喜んだり苦しんだりしている。けれど、実際は幸福なことも不幸なことも起こってはいなかった。
    幸・不幸を判断することを辞めたとき、世界は「静か」だと気がつきました。

    この世に人を裁く存在は、実際には居ないのだと、思います。ただ、学ぼう、成長しようと生まれることを自ら選択し、その先で待っていた試練に苦しみ、受け入れられず、結果的に自殺をして人生を辞めたとき、一番後悔するのは誰だと思いますか?そうなったとき、人は誰を責めるでしょう。自分がいなくなって心の底から苦しみ、嘆いている生前の親しかった人々の姿を見て、誰を責めるでしょう。
    そう考えたとき、結局のところ自分を裁くのは自分自身になるのではないかと推測出来るかと思います。
    だから、宗教では「死ぬと苦しいよ」と伝えているのではないかと今では考えています。

    長く拙い文章を読んで下さり、有り難うございました。

    1. 色々な捉え方もあると思うが死の淵からもう少し何かできないのかを考えてほしい。

      自分の意志で死を選ぶのなら、生を選んでも同じではないか。
      今まで出来たことを捨て、今できることだけをすればよいではないか。

      死の淵から引き返す根拠について
      貧困の国より裕福の国の自殺率が高い(以前コメントした)。
      障害をもって生まれ来た子、毒親のもとで生まれた子は悲観して自殺はしない(以前コメントした)。これがリスタートボタンのカラクリ。
      ※リセットとリスタートの違いについては前コメントで話した。

      死ねば今の辛い記憶はなくなるが自殺することにより来世はより不利になる、例えば貧困な国で生まれる、肢に患持ち、毒親の元で生まれるなど。
      死んでからではなく生きているうちに自分でリスタートボタンを探してもらいた、この行為こそ道徳的と言いたい。来世の自分を自分の子供として思うように頑張ってもらいたい。
      今は“底だ”と思っても世界は広いので底のよりさらに底もあるのでなるべく自殺を避けてもらいたい。

      平等について
      また、パンドラの箱をあけるようであまりコメントはしたくないが、“平等じゃないと生きていられない?”

      以前コメントした、“神は公平(平等)であるが、人は短命な存在なのでそうは感じない。”

      “平等”は短命な人が作った社会の概念、主観の塊、教育の弊害。
      教育は“平等”を教えてくれるが、構造上、“不平等”は教えない。残念ながら“不平等”は世間から学ぶことが多く、特に苦しんでいる人ほど。では“不平等”はなぜ起きるか、これも短命な人がゆえ(投稿2017・1・8)(投稿2016・1・7)、基本的に誰が悪い訳ではない・・・

  30. 今世で辛い人生を送っている人は前世での業が悪く、その罰を受けていると思っているのですがどうなのでしょうか。
    自身、自分の存在をなかったことにして新しい生命体で人生をやり直したくて死にたいとずっと思ってます。辛いことを乗り越えて耐えて天誅を全うした人も、耐えて耐えて耐えて、限界を迎えて自ら死を選んだ人も対等に褒め称えられるべきだと思うのは間違いなのでしょうか。

    1. 辛いはさまざまがあり、“耐えて耐えて耐えて”もさまざまある。
      限界もさまざまがあり、“褒め称え”る内容もさまざまある。

      これだけは自殺する人に考えてもらいたい。
      ①衝動ですか?今先、受けた辛さか?
      ②夜ですか?夜は心細い、陰が多い時間帯か?
      ③知り合いと話したか?これはもろ刃の剣と思ってもらいたい。余裕のある人は受け止めてくれるかも、余裕のない人は逆に引かれる。試す価値ある。
      ④公的窓口と相談したか?これは難しいのは相手は他人、よって1回だけでは諦めない。
      コロナけれど3回足を運んだか?
      1回は事務的にあしらわされる、
      2回は印象に残る、3回でやっと共感してもらえる。願わくば1回で共感してくれるかも、
      特に今はコロナだから可能性はたかい。

      以上の行動は修行と思うこと、設定された所で“滝行”だけが修行ではない、人生はそう綺麗ではないから。
      以上の行動は自分への徳積みと思うこと、設定された所で“ボランティア”だけが徳積みではない、人生はそう悠長ではないから。

  31. 人は皆、平等ではない。
    産まれたときから死をむかえるまで。
    壁にあたるとき不平等を受け入れるのか不平等に嘆くのか。
    大きな差が生まれるのは言うまでもない。
    ポジティブネガティブ・前向き後ろ向き・表裏一体。言葉は必要だけれど意味を成さない時もある。
    自身に不幸が訪れたとき誰の言葉も受け入れることが出来ない。
    時間だけが解決してくれる。
    それが1週間なのか半世紀なのかは自身次第。
    その後は後悔との戦いもまっている。
    楽しいことは忘れてしまうが不幸な出来事は時間がかかる。
    前世など皆無であり言葉にも不信感を感じる。

    1. カッコいいコメントかもしれないが・・・

      時間は必要かもしれないが時間だけでは何も解決しない、そう甘くない。
      納得(法律手段)、許し、あきらめ、開き直り、自分で意識と行動をもって前へ進むしかない。
      “後悔をする必要はない”、後悔より同じ轍(てつ)を踏まないこと。

  32. 来世頑張ればえぇんちゃう?
    ドンドン苦しくなるっていうてもリスタートできるんなら自殺しまくればえぇやん!

    そんな今!に拘らずにさ
    来世があるさ!って思えば自殺も気楽にできるもんになるよな!!

    今より辛い状態になる?
    辛いの概念は今の自分やからやん
    来世の自分には辛く無い物かもしらんし
    なんなら今の意識は無いんやろ?
    そんなら今の自分には関係無いやんw

    来世の俺(私)後は任せたぜっ!て軽い感じで自殺してけばえぇんやと思うで!!

    1. リスタートね・・・ゲームで例えると1ライフ減る、何処かまでに辿り着かないと大幅に戻される。人が作ったモノでさえペナルティーと言った概念があるんたよ・・・

      確かに死ねばもともとのベースラインは何処かを忘れるのでペナルティーはないと等しい。果たしてそう簡単でしょうか、記憶は無くなるが人の魂の様な俯瞰的にモノ観る・感じる要素があるとすればどうでしょうか・・・
      いずれにせよ、自殺を助長するコメントはよくない、止めて欲しい。

      1. 全然、話は違うがこちらのブログにコメントをするのはよいが、掲示板ではないのでコメントし合うのは承認しないので、あしからず。

  33. お聞きします。
    検査結果異常なし。胃痛、吐き気や食欲不振が毎日続く。
    病院に行っても特効薬なし。
    考えを変えた所で胃は動かない。
    この場合も頑張って生きなければいけないのか。何も食べるなという意思表示なのだろうか。それとも野暮やマネをしないように気持ち悪さを精神病院あたりに入って薬漬けのまま寿命まで耐えろというのか。そうなった時を想像してどうしたらよいか返答お願い申し上げます。

    1. 風薬を飲まないと風邪をこじらせ肺炎で亡くなる人も一昔まではいた。
      よってくすり、風邪薬から抗がん剤まで、多かれ少なかれ全て延命。
      効き目の善し悪しは長年人類が試行錯誤で蓄積した文明の利器。
      勿論、所詮人が作ったモノ、直せない病もあるし、キツイ副作用のモノもある、だがクスリは善意で作られていると信じて欲しい、使い続けて欲しい。クスリを使い続ける選択は明確な生きる意思表示である。

  34. 自殺を助長?
    現実コロナ渦で思う様に事が運ばないんだから仕方がないんじゃないかと。
    現世で出来なかったら来世に託せばいい事ですし。
    神様と守護霊に死になさいと聞こえられたら死ななければならないのです。寿命なんです。
    不治の病に掛かっていなければ自殺しかないんです。
    死になさいと囁いているのは邪鬼と怨霊でなく神様と守護霊です。
    前々世と前世で自殺して辛い状況であれば現世で自殺しても今度こそいい事がありますよ。

    1. 論理的に考える
      ①神様と守護霊(いれば)が死を促すのであれば、不治の病を授けるなり、不慮の死を案配するなりすればよいではないか。善意で自殺をする人の事を思っているのであればいちいち囁くような傍観者的な態度は取らないでしょう。

      ②陽で生きている人間に対して陰の邪鬼と怨霊は力が及ばないため囁くことしかできない。もし邪鬼と怨霊に力があり、死を促すのであれば別に弱っている人だけではなく元気な人にも死を勧めるのではないか。あんまり聞かないね・・・

  35. 大変為になりました。自分もかつて死のうと考えた事もあります。衝動的な行動をとった事もありますが生きています。
    今は、死にたい人や悩んでいる人に対峙する事をしています。

    旭川の悲しい事件からご冥福を祈り調べていたところ此処へ辿り着きました。
    死ぬ自由もあるかもしれないけど、プライドも要らないし、周りに迷惑をかけたっていいし、辛い事や悲惨な事も記憶でしかない。
    脳の記憶が自分を作っているなら
    自分の人生は自分が握っていると思うんです。妄想にとらわれたり、フラッシュバックや病んでしまっている方も多いと思いますが、図太くなっていいと思います。

    生まれてきてすみません、や
    トラ●プさんみたいに‥。(好き好きありますね)
    脳の記憶を書き換えてでも(リセット)
    命を経ってリセットを図ろうとする自死は勧めたくないです。
    聖天宮法師さんの影響で道教に興味を持ちました。
    私の周りには霊能者や臨死体験をされた方がいて死後の世界のエピソードも聞いています。
    例えるならほんの1%くらいの死後の辛さの極々稀な例外ケースもあるようです。(死を許される‥というのでしょうか‥)
    でも聖天宮法師さんのいうように自死後はほとんど辛い目にあうようです。

    私ももしまた自死を考えたらこのサイトを思い出したいと思います。

    聖天宮法師さんのお陰で道教に興味が湧きました。

    1. 旭川の悲しい事件について

      子供は残酷である、未熟である。
      自分の痛みの限界を知らず、人の痛みの限界も知らない。
      自分を守る手段を知らず、人に助けを求める手段も知らない。

      文化・慣習の名の下で更新しない法律、犠牲が伴わないと更新しない法律。
      想像力のなさ、やる気のなさを露呈している。

  36. 初めまして
    非営利で霊能を生業としているものです。

    本当に自殺者は救えないのだろうか?
    救ったことがある人はいるのではないだろうか?
    人間として、もし救うことができるのであれば救いたい。

    そのような疑問を持ちつつ調べていたら、こちらに行き着きましたのでコメントを残させてもらいました。

    これは私だけかもしれませんが、自殺者には温和に対処する方法がありません。

    自殺者の霊達を見ている限りでは、理として自殺=罪である事は間違い無いと思います。

    自殺した霊にどれだけ救いを懇願されても、助けることができません。
    (救いを懇願してくる自殺者の霊はかなり多いです。ほぼ全ての懇願者が自殺を心底後悔しています。この事からも、自殺は生前以上に苦しいんだろうなと想像できました)

    根負けして救いの手を伸ばしたとしても、必要な場所までたどり着けず、結局救う事はできないのです。

    自殺者に次はありません。
    私が知る限りでは、その時が来るまで彷徨い続け、その時が来た時に存在が消えるという事だけです。

    自殺は、生前の苦しみの経緯は、どんなに頑張って生きてきても評価されない。

    感情論は飽くまで人間の考えの中でしかない。

    それは事象で判断され、罪として処理される。

    その罪は、生まれ変わりを許さず、罪が消えるまで彷徨い続け、やがて存在事消える。
    これが自殺者の末路です。 

     私も定期的に自殺したいと考える時期がありますので、自殺者の苦しみや気持ちはわかっているつもりです。ですので今、自殺を悩み苦しんでる方に自殺するなとは言えませんし、止めるつもりもありません。

    ただ、自殺後の末路を知っている事と、自殺した人と話したり見ている限りでは、どんなに苦しくても、自殺する気にはなれません。

    ですので、私は自殺をしたいと言っている人にはいつもこの話をしています。

    1. “自殺する人を救う”の意味が分からない。
      スーパーヒーロー的な、飛び降りた瞬間をキャッチ、また、自殺しないように欲しいものを与えるでしょうか。

      自殺をする人は救えない。
      自殺をしないように説得をするしかない、なぜなら自殺をしないようにするのは自殺する本人しか出来ない。

      自殺をする人に対して言いたい。
      “自殺をしたらリセットになる”のような安易な発言には耳を傾けてもらいたくない、生死にはルールがあるので不利な死に方をしてもらいたくない。

      1. リセットボタンなんて思った事はありません。電源の強制終了ボタンだと思っています。
        また生まれ変わりたいなんて人は苦しみが比較的少なかった人なんでは?

        1. 強制終了ボタンは自分で押すものではない。
          苦しみは様々なので、受け止め方も様々、“比較的に少なかった”は主観なので安易な発言。

          苦しむと自殺をして、苦しみから逃れ、生まれ変わってやり直したい気持ちは分かるが、ですが自殺は決して根本的な解決策にはならない。
          根本的な解決策は今でも遅くないので勇気を持ってその苦しみに自分の意志で例え解消できなくても向き合う事。そしてその行為は現世で好転しなくても必ず生まれ変わった来世の為に絶対になると信じてもらいたい。

  37. 逃げとしての自死ではなく、もう充分に生きたと感じた時点で自分の人生には自分で幕を降ろしたい願望があります。

    まあ別に生きることにも頑張ることにも意味は無いので基本的にいつでも良いのですけど、さすがに今いる肉親の人生に影響を及ぼす訳にもいかず…

    私の現在生きるモチベーションはそれ位ですね、本当に意味の無い人生です。

    1. 人生は千差万別、満足を不満として感じる人もいるし、不足を乗り越える使命と感じる人もいる。
      それぞれ今の状況をどう感じ、どう行動していくのが大事。

      それはハッキリした目的のあった面白い人生は一番理想ではあるが、
      目的が無いと生きていけない?
      面白くないと生きていけない?
      人生はモチベーションと関係ないし、面白いための人生でもない。
      同じ状況でも面白くも感じ得るし、無意味と感じ得ることもできる。
      モチベーションが無く“意味の無い人生”であっても、その意味の無い状況とどう向き合うのかを最後まで見届けるのをモチベーションにしてはどうでしょうか。

      因みに、2016年11月15日の投稿
      コメントの方は②か④に該当すると思うので参考にしてもらいたい。
      抜粋
      ①人生前半で意欲が有る人は意欲にまっしぐらに進めばよい。特にアドバイスは無いが、ペースを上げすぎるとまた、周りの人に気を配らないと挫折をしやすい。
      ②人生前半で意欲が無い人は人と向き合うより自然と向き合あうことがよい。とくに物作り、研究がよい。なぜなら、自然は正直であり、そこから①になるように目標を見つけるでしょう。
      ③人生後半で意欲のある人は人間関係をよくするとよい。例えば、後世、子孫、後輩の育成に努める。
      何故なら、身体と精神にギャップがあり、無理をすると病気、怪我に繋がる。物理的に弱くなったことを認識する。
      ④人生後半で意欲の無い人は介護、また人の後始末に関わる仕事がよい。なぜなら、来世を信じなくても、無理なく来世の徳積みがで来る。目標がどうしても見つけなく、どうしても③になれなければこれが一番よい。

  38. 人生はいわばRPGゲームみたいですな。ゲームの世界であれば、手詰まり感があればリセットボタンを押して最初からやり直しが出来る。
    人生の場合は、手詰まり感があれば最初からやり直すには自殺しかない。
    自殺と言うリセットボタンで来世でやり直す事になる。

    1. RPGね・・・
      簡単な役を選ぶとサクサク行けるし、飽きると敢えて難しい役を選ぶ。
      上手くいかないと、リセットしてやり直す、娯楽なのでどうせ時間つぶし、
      実損は電気代だけ(1kwhr約28円)安いものだね。

      それを踏まえて自殺はどうしてリセットボタンと思うでしょうか?
      もっと公平で理論的に考えてもらいたい。
      いずれにせよ自殺を助長するコメントはよくない、止めて欲しい。

      2021年3月26日 3:08 PM
      E235-1002 への返信
      抜粋
      自殺はリセットボタンじゃない、リスタートボタンだ。
      リスタートは、今状をベースに再度試みる。
      リセットは、初期状態から、
      全然違う。

      2021年4月27日 8:01 PM
      坊主丸儲け への返信。
      抜粋
      (自殺とゲームの比喩にたいしてのコメント)

      リスタートね・・・ゲームで例えると1ライフ減る、何処かまでに辿り着かないと大幅に戻される。人が作ったモノでさえペナルティーと言った概念があるんたよ・・・

  39. 自分の人生に納得いきません。
    来世は、自分の思い通りに産まれたいです。
    そうでなければ、生きてても何も楽しくもない。人生なんてクソです。
    最低でも、自分がこのように生まれたいという設定をちゃんと自分で考えて決めて産まれることが出来るようにして下さい。
    生きてて思います。不平等うんぬんとかではなく、明らかに生まれてきた時点で欠損してるとか障害があるとかおかしいだろ。努力する以前の問題で、ただ死ぬまで生き続けるという苦行でしか無いんですが?
    別に死にたいという気持ちは、堆肥になって死にたいという訳ではなく、こんな人生に納得いってないという意味のしにたいです。死にたいくらい割に合わない人生です。
    他人と比較するから不満が生まれるのでは無く、既に不満がある訳で、感謝して生きる気持ちにもなれません。
    あと、苦しむことが魂の成長に繋がるというなら、それは間違ってると思います。成長に繋がるんなら、生き抜いて死んで、来世に生れ変わる時に特典を付けるべきだ。

    1. 苦しんだ人ほど生まれ変わった時、“特典”と言うか有利な立場に生まれ変わるのは間違いない、但し何処で産まれ変わるのか、何処か有利になるのかは残念ながら選べられない。

      “明らかに生まれてきた時点で欠損してる・・・”のであれは“明らかに”生まれ変わった時に
      優位になる。また、簡単な思いをして“生き抜いて死ぬ”人と大変な思いをして“生き抜いて死ぬ”人を比べると、後者の方が“魂”の成長につながるのも間違いない。
      とは言いつつ、“簡単な思い”をして生きている人は必ず、満足・納得しているとは限らず、大変な思いをして生きている人は必ず不満しているとは限らない。
      以下を信じて“クソ”と思う人生と前向きに生き抜いてもらいたい。

      ジャンプをする前はしゃがむ、しゃがまないとジャンプは出来ない。しゃがめばしゃがむほど高く飛べる、生き抜く行為こそ、今世の為にならなくても来世のために貯めることは出来る。しゃがみの苦しみに耐えられず、非道徳的な行為、安易なあきらめ・自殺などは今世、来世の為にはならない。

      1. なぜ来世が有るって分かるんですか?
        来世って何? そんなの分かるわけ無いんじゃ無いですか?
        もし、来世と言うものがあって自殺したら悪くなるって、物理的に科学的に立証されてるなら誰も自殺なんてしないですよ。誰だって悪い人生は送りたくないでしょうから!
        でなきゃ、なぜ有名芸能人が自殺する??? あんなにお金稼げて、人々に尊敬され、人前に出れるメンタルを持ち合わせて居るのに。少なくとも自分より社会に出て、成功していたのに。それでもなお「自殺」をする。
        と言うことは、人生がどれだけ良かろうが悪かろうが死にたい人は死んでいく。それだけじゃ無いんですか!?
        来世もクソも無いんじゃ無いですか?
        そんなに自殺が悪と言うなら、自殺して行った人達にどうやって言うのか教えて下さい!

        1. 来世と自殺について
          昨今、想像を絶するほどの化学の進歩をもっても試験管でいわゆる“生命”、はいまだ出来ない。もう時間の問題かもしれないが、物理・科学が早く生命は何か、また人はなぜ高度な思考を持つのかを証明・解明してもらいたい。
          いずれにせよ多くの宗教が解く“自殺は来世に良くない”は科学的に証明されていないのを理由に”苦しいと思えば自殺していいよ”は今の段階では安易・無責任すぎる、何故なら“自殺はいい“と証明も出来ていないからである。

          タレントの自殺について
          報道は全てと思わない方がいい、タレントと言っても所詮人の子、一般人と同様、悩み・苦しむ。また、人生は相対的なので、あなたが羨むタレントの特性とする、多くのお金を稼ぎ、多くの尊敬を集め、はもろ刃の剣いで欠けてくると一般人の何倍も負担になり、強いメンタルも砕く程。

          自殺して行った人達にどうやって言うのかについて
          道教は輪廻転生を信じ、故人の霊を呼び起こすことは不可能とも信じているので、だから僕は生きている人に自殺は良くないよと訴える、なぜなら死んだらもう話せないから。

  40. 自分は安らかに死ねるなら死にたいと考えている者です。
    母はとてもいい人でした、ですが他の人のために頑張り、体を壊し癌で亡くなってしまいました。親戚は祖父母の面倒は母に押し付け、祖父母は家事は何もしませんでした、そらに母のものをもらっていいとか聞いてくるような人です。
    母に優しい子でありなさいと言われ生きてきましたが、自分が損することが多く、辛くて死にたくなる時もありました。この世はいい人には優しくないのでしょうか、この先にいいことが起こると考えることもできません。
    自殺はダメなのでしょうか?長々とすいません

    1. 残念ながら世間に置ける“利他”・“善意”の行為は“志し”・“お気持ち”に属するのでお返しを期待しない方がよい。施す側の善意から始まる行為ではあるが受け止める側の善意も必要になる。双方の善意は高め合うとよいが、なかなかそう上手く行かない。

      最終的に双方の善意は輪廻で来世のプラスと評価されるので、二つを比べると施しをする側の善意が起点なので評価は断然高い。
      お母さんはされたことはとっても立派ではあるがお母さんの回りにその善意を理解する人はいなかっただけで誰が悪い訳でもない。

      ①善意はこの世で評価されなくても来世の為にはなる、決してマイナスと思ってもらいたくない
      ②善意は必ずしなければいけないことではない、何故なら施す側の善意の起点が無ければそもそも無いもの。
      ③善意は“志し”なので無理しないこと。物理的、心理的に余裕、がなければ直ぐに止めること。

  41. 私は自殺をすると来世で今世よりも苦しいという考え方についてあまり理解できません。

    この考えが正しいのならば、前世での業によって今世が苦しくなるはずです。

    私は旭川よりも酷いいじめに遭いましたが、それに耐えながらも今まで何とか頑張ってきたつもりでした。しかし、加害者達は私よりも幸せに暮らしています。
    しかも、その加害者達は私が知っている限り、組織的なストーカー犯罪を行い、自殺に追い込んでいます。

    加害者達は数世代前からそのような悪行に手を染めているそうです。それならば、前世での業(間接的殺生)が今世に来て、その人達は今世で前世よりも不幸になるはずだと思うのです。それにも関わらず、加害者達は被害者よりも今の所は幸せに暮らしています。

    纏まりのない文章ですが、どのように考えていけば良いか教えてください。

    1. 二つを分けてもらいたい。
      家系は家系、生まれ変わる所は生まれ変わる所、全く関係ない。
      その家系で死んだからその家系で生まれ変わるわけではない。

      家系について
      家系は物理的現象なので、物事と同じように家系には惰性があり、例えば貧乏の家庭は余程の転回が無ければ裕福にならない、裕福の家庭は余程の転回が無ければ貧乏にならない。
      勿論例外はある、渋沢栄一、マイケル・ジャクソンかな・・・・
      この世は陰にバイアスが掛かっているのを考慮すると、貧乏から抜け出すのは強い意志が必要、裕福は怠慢していると散財する。

      生れ変わる場所について
      善いことをすれば必ず有利な立場で生まれる。
      悪いことをすれば必ず不利な立場で生まれる。
      生まれ変わる所は本人たちを含めて誰も分からない、立場は真逆で生まれ変わるかもしれない、輪廻のみと知る。

      幸せについて
      幸せは人と比べるものではない、幸せそうな人を参考にしてもよいが、羨む・妬むことではない。
      現世の有利不利な立場は前世で行った善悪の行為を起因としているは間違いないが、それを変えるのは現世の自分以外はない。全ての前世が具現化した現世なので前世を振り返る必要は全くなく、そもそも前世を悔やむことは無意味である。

  42. 自殺予防は、とても難しい問題だと私は思います。 
     自殺すると死後苦しむのは、どうやら本当かもしれませんが、やり直すチャンスは、欲しいと思います。

     他の霊能者の話はプライバシーのため省略。

     自殺を本気で考えている(この書き方は適切でないかもしれませんが)というより、自殺衝動が襲ってきたら、理性が働かなくなるので、自殺すると死後苦しむからやめておこうという考えすらも、歯が立たないことが、私の経験では、ありました。
     衝動をなんとかやり過ごすしかないと思いました。
     なお、私は、自殺を推奨しているわけではありません。(念のため)
     過労状態なら、休むしかないと思います。周囲に迷惑をかけるかもしれませんが。。。

    1. まず道教には死後はあるが、苦しむ、楽しむ死後はない、ありえない。
      2016年2月4日 @ 15:02 の投稿を参照
      よって”自殺をすると死後”、苦しむのではなく、生まれ変わったとき、より不利な立場になり苦しむと言っている。生死にはルールがあるので自死行為はためにはならないと強く言いたい。

      自殺と衝動と理性について
      自殺は第3者からすると“衝動的”かもしれないが、
      自殺は積み重ねた思いからなので一回の衝動を回避しただけでは根本な解決にはならない。
      若い人の自殺は衝動的と感じるが、それは若い人の時間軸は短いため、また未熟なため、大人がそう感じるだけで、本人からすると多いに悩んだ結果の行為、衝動的ではない。

      “悩む”行為は理性なので、悩んでも乗り越えない理不尽、不合理があるから自殺を選ぶのである。自殺を思いとどめには本人の理性に働くしかない。
      以下自殺する人に多いに繰り返したい、
      ①“自殺は損、現世も来世も。”
      ②世間は理不尽かもしれないが、社会はそれを補う制度はあるので、多いに利用してもらいたい。
      とは言いつつ社会制度は期待の1/3しか及ばないであろう。
      ※人の善意はMAX1/3、善意の限界の説明  2017年2月24日 @ 12:04

      過労状態について
      社会はそれを補う制度はある。
      厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken02/jikan.html 労働時間・休憩・休日関係

      労働者と経営者は相反する考えがあるので労働者は自分の権利を勉強しないと。
      労働の権利は社会が決めた1/3の善意なので迷惑ではない。

  43.  私は、以前から陰謀論を信じていました関係で、ワクチンが有害かもしれないと多少思っています。
     ただし、最近のQアノンやトランプ前大統領の『不正選挙』などの話は、絶対に間違っているとは、私には証明できませんが、少しついていかれないところがあります。
    ※ニュースでも大体的に取り上げられているのでOK。

     ところで、例えば死んでも構わないと思ってコロナワクチンを接種して、死んでしまった場合、あの世で『自殺』扱いされるのでしょうか?
     私は、自殺衝動をなんとかやり過ごし、今はあまり精神症状がないのですが、ワクチンを打つことで、『自殺』とみなされたら、たまりません。
     馬鹿げた質問で大変申し訳ないのですが、私に自殺衝動があったときに相談にのってくれていた人が、陰謀論を信じているので(私は少しついていけなくなった)何か、気持ちの整理がつかないです。
     ワクチン接種は、あくまで健康のためのワクチン接種で、死んでも構わないと思って受けたとしても、それが『自殺』とみなされるのは、おかしいと私は思いました。
     馬鹿げた質問で、申し訳ありませんが。。。

    1. 先ず、ワクチンは予防のためなので、よって“コロナワクチンで自殺”は“形容矛盾”なので意味不明。

      あなたの意志でワクチンを打ち死んだ場合、これは自殺ではない、”医療ミス”と言う”寿命”
      対策:https://www.mhlw.go.jp/content/000770985.pdf。
      2021年3月7日 2:40 PMのコメント 自殺と寿命の違いについて

      あなたがワクチンを“①有害と信じ”、“②死ねると思い”、“③自分の意志で”接種し、“④副作用が出て何もしなく、接種所の医師に何もさせなくて”死んだ場合、それは“自殺”である。
      この度のワクチンであれば“未遂”になる可能性は高いと思うが・・・

      陰謀論について
      一番自由を謳歌する国にして一番陰謀論が蔓延るのも“形容矛盾”なのでは・・・

      1.  コロナワクチンを打って死んでも、『自殺』ではないと言い切って欲しかったです。
         今回のワクチンは、多分副反応は出ると思いますが、すぐに死ぬことはないと思います。
         私は、メンタルクリニックに、週4〜5日通っているので、ワクチンで何かあれば、報告せざるを得ないので、副反応が出ても何もしないということは、ないです。
         私の愚問に答えて下さり、ありがとうございました。

        1. コロナワクチンを打って自殺をしようとしても自殺未遂になるので『自殺』にはならない。
          自殺を繰り返す人も、成功するまで、“自殺未遂”なので“自殺”とはならない。

          1.  今日、コロナワクチン1回目を打ちました。17時頃に打ったのですが、今のところ、大丈夫です。
             明日以降、どうなるかまだわかりません。

          2. よかったね。打ちたくても打てない人まだ何千万人もいる。

            大丈夫・・・害はないよ、何故なら
            この度のワクチンの特徴、
            ①mRNAワクチンは不安定だから-70度で保管する。人の体に入ったら免疫に直ぐに攻撃され、なくなると共に免疫がそれを覚えるのが目的。
            ②ウィルスの突起物を模写したワクチンなので別にウィルスそのものではない。ウィルスの突起物はウィルスのほんの一部なのでいわゆる生きている訳ではない。例えばあなたの特徴の一つ、鼻を作っても生きているあなたではない。
            ③あんなぶっ太い注射針は細胞の核に入れる訳ではないので別に遺伝子が書き換えられることは100%ない。
            ④量が少ない。発がん物質に多く、長く晒すことではない。不妊になることはない。

            2回目、反応が出るかもしれないが、それは体の免疫が機能している証なので大丈夫勇気を出して打ちましょう。

  44. 自殺者の霊も成仏できます。

    コメントの一部、他の霊能者の話はプライバシーのため省略。

    身近に自殺をした人を知っていますが

    錯乱状態で自殺は悪いことなんて考える

    余裕はなく発作的に自ら頸動脈を切って

    しまいました。

    1. 成仏について
      まず道教は仏教ではないので、“成仏”、またはそれに似た概念はない、不可能、必要ないとの考え。
      道教では死ぬと神様に近づける考えはない。神様と我々との次元があまりにも違いすぎるので、例え高徳で輪廻(りんね)転生(てんせい)を抜けたとしても“土地(とち)公(こう)”、文字通り土着の神様になるのに過ぎない。死ぬだけでは神様がいる所謂“天国”に近づけるのはとうてい不可能である。

      錯乱状態の自殺について
      法律の専門家ではないが理論的に考えると、
      “錯乱状態”で“他人”を殺した場合、第三者でその責任能力の有無を測り、“錯乱状態”とされた場合、犯罪としては成立しない。

      では自殺について考えると、自殺はこの世では罪にないがあの世で罪にる。道教では他人を殺すと同様、自分を殺すのも罪である。
      よってあの世で“錯乱状態”とされた場合(強調)は、いわゆる“自殺”ではなく“病死・寿命”あつかいになる。あの世で“錯乱状態”として扱われるかどうかは“自殺”をした本人が一番わかると思うが・・・

      1. あなたは統合失調症という

        心の病気を知ってますか?

        この病気にかかり自殺をした家族が

        死んでも成仏できないと嘆いてました

        仏教では、自殺は勧めてませんが 、

        お釈迦様はみな平等に成仏をしてくれます。

        1. ①仏教を信じる家族、②お釈迦様は平等
          ではなぜ成仏できないことを嘆いているでしょうか・・・不明。
          逆に僕がききたい。

          仏教を信じれば自殺しても成仏はできるのであればその仏教を信じるとよい。
          信仰の自由は日本憲法で保障されているので成仏は出来るでは・・・

          僕は道教なので主に道教の事しか言えないが、確かキリスト教もイスラム教と仏教以外のほとんどの宗教は“成仏”はない、何故なら仏(ほとけ)・お釈迦様の信仰はないからでは・・・

          1. 申し遅れましたが、私は
            ※個人が特定できるかもしれない内容を一部省略※
            を研究してる者です。特定の宗教には入ってません
            あなたが疑問にされてる 何故成仏されないと家族が嘆くかについては、本人は現世が苦しく自殺をし、死後もまた苦しんでるとしたら残され家族はいたたまれないでしょう。
            自殺を勧める訳ではないが、少し勉強不足で、この教えは自殺された方に失礼です。
            もう少し暖かく包み込むような
            メッセージを下さい。

            もう少し暖かく包み込むような
            メッセージを下さい。

          2. 違います、
            “私の質問は何故成仏されないと家族が嘆く”ではなく、
            “何故成仏ができないと思い込んでいるのか。”
            コメントの様に “お釈迦様はみな平等に成仏をしてくれます。”
            を信じるのであれば自殺をしても成仏できるので嘆く必要はないよ、と論理的に説明しただけ、“暖かい“メッセージと思うが・・・
            勿論、コメントを信じる前提は必要、またお釈迦様の慈悲なので他の人はそれに便乗しないのを願うが・・・

            この教えは自殺された方に失礼です。について
            あなたが重きを持つお釈迦様にはこの様な逸話がある。
            簡単に“釈迦と自殺”ネットで検索すると、釈迦の“牛と荷車”の逸話がある。
            自殺する娘を助けるため挙げた例えかもしれないが自殺に対してめちゃくちゃキツイではないか。今の時代なら結構叩かれると思うが・・・

  45. 今日東京で4度目の緊急事態宣言、また酒類を出す飲食店は死活問題、政府は国民に対して死ねと思っている事でしょう?
    自殺と言う人生のリセットボタンいや人生の強制終了ボタンを押すしか無いんだろうな。
    自殺してもう一度来世で頑張るしか方法が無いんだよな。
    現世に逃げてもいいんですよ。自殺は来世で人生をやり直しが出来るボタンでもあるのです。

    1. 文明は5000年あり、今の日本より大変な時期は多々ある、地震、戦争、飢饉。
      今は社会制度の充実・災害後の援助、流通の発達・飢餓にはならない、核の抑止力・戦争にはならない。

      2020年11月12日 4:42 PM のコメント
      逃げる事は悪いと言ってない、死に逃げるのは良くないと言っている。
      何故なら、唯一逃げられないのは死、死から逃げる志しが大事。

  46. これから先、政府には何も充てにする事は出来ません。
    後は生き続けるのを諦めて自殺して何事にも来世に託せばいいんやなと。
    もう無理して生きる必要はないと。
    自殺して楽になってそして来世に向けてリセットすればいいんやな。
    時に自殺して良かったと思う事は有りますよ。

    1. 文句を言うのは簡単、政府に文句があれは一票を投じよう、また仲間を集めて声を上がよう、それが民主主義。政府に届かなければ市議につてえよう。思い通りにいかないから自殺をするのはやめよう。

  47. このご時世、自殺の防止は最早手遅れだろうな。
    どうにもならないから自殺者が増えるのです。
    仕方がないですね。
    不治の病に掛からず、不慮の事故に遭わなくても寿命が来たからか?
    それなら寿命は自分で決められるからそれはそれだが?

    1. 自殺防止は最早手遅れであっても防止行為を蔑む、命を軽視するコメントは必要でしょうか。

      何度も言うが自殺は寿命ではない。
      自殺は寿命ではないについて
      2021年3月7日 2:40 PMのコメント
      一部
      自分の意志で死ぬのは自殺、他の要因で死ぬのは寿命。全然違う。
      寿命は何時、死ぬのかはかわからない、自殺は分かる。全然違う。
      何時、死ぬのか分からないからコツコツと生活する。
      何時、死ぬのが分かれば逆算できるので全然違う。

  48. しゃがむ暇が有ったら自殺した方が今世、来世の為になります。
    思い通りに事が運ばなかったらそれは人間の寿命なんです。
    神様と守護霊に死になさいと聞こえられたと言う事になります。
    そのほうが来世でやり直しが利きます。

    1. 神と守護霊(居れば)は“死になさい”とは言わない何故ならその神はもはや邪神、その守護霊(居れば)はもはや怨霊。
      詳しくは 2021年5月5日 4:02 PMのコメントを参照。

      会社が嫌になれば辞めればいい、結婚が嫌になれば離婚すればいい、子供が嫌になれば捨てればいい・・・結果、人生が嫌になれば自殺、これでやり直したい?!

      嫌な会社を辞めればもっといい会社に入るかもしれない、嫌な結婚は離婚すればもっといい伴侶と結ばれるかもしれない、言うこと聞かない子供を捨てまた産めばいい・・・結果、人生が嫌になれば自殺してやり直す。

      おかしく感じるのは僕だけかな・・・

      しゃがむ行為は今の自分を見つめ直し、少し下げてやり直すこと。
      自殺防止行為を蔑む、命を軽視するコメントは必要でしょうか。

  49. 神様も仏様も幽霊も悪魔もおらんよ
    それは全部弱い人間が作り出した幻想

    人は死ねば肉体はただの化学物質になり脳の生態電気信号が止まりニューロン回路の連係が出来なくなるだけ

    魂だの霊体だのが命を保ってる訳ではない血液の循環が肉体と生命を保ってるんやからさ

    仮に神や仏がおったとして
    ならば何故?産まれたばかりの赤子を病や災害で殺すのか?罪も無ければ徳も無い存在を殺す理由は何?

    こじつけではなく明確な理由
    1+1=2の様に100人が100人とも同じ様に理解し納得する理由を教えてくれ

    そんな訳のわからん存在をあたかも信じて風を装って困ってる人、悩んでる人を騙して金儲けを考え弱者を洗脳する詐欺師でしかない!

    霊だの何だのを信用してるオカルト信者に聞きたい!地球が誕生して数億年、その果てしない時の中無念で死んだ生物は幾億?幾兆?いあ幾京とおる思う

    それらの生物の魂や霊がこの地球に溢れかえってる筈やのに霊媒師だの住職だのは必ずしも学んで知ってる歴史までの存在の霊体しか見られへん、しかも言語が通じる

    日本と言う国が確立され日本語が誕生する前のこの大陸で自害や無念で死んだ生物の霊体は何故見られへん?

    それは都合の良い(自分が想像出来るまでの物)しか話されへんからやろ!

    地球が誕生したのも化学反応
    生物が誕生したのも化学反応
    生物が生きてるのも化学反応

    霊だの神だのが本当に存在してれば
    地球は化学では無くオカルトが発展していってるはず!

    廃れていってる理由は
    全部嘘であり金儲けの為やから
    騙される人が減ってきたからである

    自殺は良くない!これは同意する
    だがしかし、理由は簡単
    その遺体の後始末する人が迷惑やし
    後味悪いからやめとけ!!

    生きてる時ですら人は周りに迷惑かけてんのに死んでまで迷惑かけるな!ちゃんと寿命、天災、病まで生を全うしろ!

    死ぬのに勇気も覚悟もいらん
    生きる方が勇気も覚悟もいるから
    自殺は覚悟でも勇気でも無く諦め
    諦めの先に見える救いが死!なのかな?とも俺は思う事もある。

    本当に自殺を止めたい!という意思が世の中の住職や神主にあるならば!溜め込んでるお金を貧困で困ってる身近な人に分け与えてみろ

    人間は金銭に余裕が出来るとな?
    少なからず生きる希望は持てる

    しょぉもない言葉で励ますより
    先ずは目に見える行動で示してみろ

    金は出されへん!逆に金使いに来て!
    そのお礼にマニュアル通りのお喋りしたるから!って住職や神主が大嫌い

    世の中 金が全て!とは言わんが
    全ての事にお金が必要なのは事実

    住職や神主もご飯食べるのや
    PCや携帯、交通手段、HP見るのも
    電気ガス水道全部お金払ってるんやろ?

    それとも神様が無料でしてくれるんか?
    んな事無いやろ?全部金儲けの為にしてる事やろ?このHPも結局は広告や宣伝の為やんか?

    自分と言う存在を知って興味を持ってもらい商売に繋がる可能性が1ミリでもあるからしてる訳やん

    これがマーケティングやん

    俺が間違えてるのであれば
    面と向かって一度対談でもしましょ

    1. 最後を最初にお答えする。
      先ず、これはブログでしか成り立たない対話、熟慮した上で答えたい。
      せっかくこのようなテクノロジーがあるので
      文字で残せるのは一番。また、このような内容は言ったとか言わないのをなるべく避けたほうがよい。不備を指摘してくれれば時間が許す限り答えていきたいと思う・・・

      では、僕が信じる宗教は道教、仏教ではない、基本的に仏(ほとけ)を信じてないのであしからず。
      道教は摂理を語る宗教、他の宗教と違い、慈悲のみで人を救おうとしてないし、逆にしてはいけない。
      自然から受ける理不尽、例えば疫病、災害は罪の有無、老若男女を問わず命を奪う、神の意向を起源するとは言えない(あんな傾斜に許可を出し、家を建て、盛り土をしたのは人の業)。天災、疫病を含め、自然の摂理がゆえ、全くの未知なものではなく、人間の英知の蓄積で避ける・乗り越えることしかない。たかが100年前まで天災は神の怒りと思われ、いま、台風はひまわり、疫病はワクチン、飢饉はクロネコで概ね回避は出来ている。とは言いつつやはり自然の威力・創意工夫は人知を遥かに超越しているので謙虚に望まなければいけない。

      結論、天災は自然の摂理、神の意向は信仰、別物。あなたが思う1+1=2になったでしょうか・・・

      “神様も仏様も幽霊も悪魔もおらんよ
      それは全部弱い人間が作り出した幻想”について
      人は苦難・死に直面したとき、それを自分の意志で回避をし、納得をして受け止めればよいところを金がある人は免罪符、お金は無い人は慈悲・自殺などのようなものに頼ろうとする。残念ながら、強い人間はそれらをカモにする。
      不安に乗じた詐欺は人の業、信仰に限らないと思うが・・・
      ハッキリ言いたい、困難を乗り越えるのは生きているうちしかできない。
      ショートカットもないし、リセットボタンもないただ日々の道徳しかない。
      2021年6月30日 5:59 AMのコメント
      抜粋
      根本的な解決策は今でも遅くないので勇気を持ってその苦しみを自分の意志で例え解消できなくても向き合う事。そしてその行為は現世で好転しなくても必ず生まれ変わった来世の為に絶対になると信じてもらいたい。

      道教は輪廻転生を信じ、魂はリサイクルされるので溢れることもないし、故人の霊を呼び起こすことも不可能。よってあまりお金にはならない宗教かも・・・

      地球は人間がいなくても発達すると思う。ミトコンドリア、光合成、酸素、オゾンなど・・・
      とはいいつつ化学反応は人を作り、思考回路を作り、オカルト的思考回路を作ったのも化学反応では・・・
      地球の歴史は億年、オカルトは長くても5千年・・・

      物事は全て化学反応であれば自殺も必然なので肯定はしないと・・・
      一人もので、葬儀屋を頼んで、棺の中で自殺をすればよいと思わないが・・・
      コメントは多岐に及ぶため、答えは順番通り、またすべたを網羅でないのであしからず。

  50. 自殺こそが最大の悪ですか?それとも道徳や規律、世間の平和を守る為に自分を抑えこまざるおえないのですか?その結果、自分を犠牲にして鬱になって自殺したらなんのこっちゃ有りませんよね。
    教えて下さい。自殺こそが最大の悪ですか?自殺しなけりゃなんだって良いんですか!!
    中途半端じゃ駄目です。自殺するな、だけど規律は守れ、迷惑かけるな、など何でも抑制されたら、心が折れた時に死にたくなる。自殺したくなる。
    最大限100%生きることだけに重きを置くなら、自分を出して行かなければならない!例え迷惑をかけることになっても。 よろしいですか?答え待ってます。

    1. ・“自殺は最大な悪”と言ったことはない。
      ・“自殺しなけりゃなんだって良い”と言ったことはない。
      ・“最大限100%生きることだけに重きを置く”と言ったことはない。

      自殺は最大な悪について
      自殺は最大の悪ではない、他殺、しかも大量に、は最大の悪である。

      自殺しなけりゃなんだって良いんですか!!について
      道徳や規律、世間の平和を守るのはそんなに負担?その上で生活していると思わないと。
      多数派が守る“道徳や規律、世間の平和”がよくないと思うなら、その人達を説得しないと。
      それは出来ないから“面白くない”、“犠牲だ”、“抑圧されている”、“死んでやる”のも一方的な考えではないか。
      社会が支える“道徳や規律、世間の平和を守る”を無くして生きていくのはもっと大変とおもうが・・・

      最大限100%生きることだけに重きを置くについて
      自殺をする人に対して、100%生きることに重きをおくのではなく、死なないことに100%の重きを置いてもらいたいと言っている。
      生きるのは泥臭い、やりたくないこともやらなければならない。
      こころが折れたとき、自殺をしないで、他人に頼る、社会に頼る、勇気をもってもらいたい。
      何度も訴えてきた
      “世間は世知辛いと思うかもしれないが、世間は社会として手を差し伸べる公的機関は多々あり、フルに活用してもらいたい。一日でも長く生き現世の好転を信じ、最悪、来世の糧になる。”

      1. 結局どっち付かずですか。
        あなたの言う理想論(忍耐とか、徳とかだけで世の中成り立っていないんですよ。現実そうなっていないから自殺者が出る、殺人が出る、戦争が起きる。
        精神が極限に追い込まれ何をしていいのか分からなくなった人間は最終的に感情に走ると思う。
        最大限自殺抑止しない癖に、自殺の無い誰にも迷惑の掛からない完璧な人生を世間が求め続けるから、人生に絶望した人が、死ぬことすら出来ない大量殺人犯に変わったりするんじゃ無いんですか!
        それでもなお自殺抑止する立場に立つつもりなら、どれだけ治安が悪くなっても文句言わないでくださいよ。
        「自殺者は地獄行き」と言う言葉がどれだけ真っ当に生きれず恨みを募らせる人間をこの世に残すか。

        1. 少し話を整理したい。

          理想論(忍耐、道徳)について
          忍耐、道徳は世の中の“正”を担う一方“負”も担う。
          “正”は文字通りなので説明はしないが、“負”の例えは“社会福祉、年金、介護、生活保護、労災など”も担う。忍耐、徳は寛容を生み、平等を生み、これらは自殺、殺人、戦争を防ぐ、決してあなたが思う対極的ではない。
          では何故、自殺、殺人、戦争はあるのでしょうか。
          それは理想論の限界よりは人の物理的限界,人は人の全ての不満を解消するのは難しい。

          自殺の攻撃性について
          道教には陰の自殺と陽の自殺がある。
          陰の自殺:協調的な性格、社会についていけず、社会の理不尽に負い目を感じ、社会に頼れず、追い詰められて自殺。特徴:攻撃性は低く、他人には直接的に害は及ばない。
          陽の自殺:独善的で、社会が付いていけず、社会の理不尽は正すべき悪と思い、追い詰められて自殺。特徴:攻撃性が高く治安の悪化を招く。社会に屈する位なら自殺をする。

          この2つはまるで違う。
          陽の自殺を防ぐには世の中の理不尽は誰のせいでもなく、善悪でも関係なく、高度な社会が機能するため、必然であると説得するしかない。例えば、コンビニが24時間営業、蛇口を捻ると水がでる、電車が分刻みで乗れるなど、これらは理想論を具現化した人々の努力、世の中の忍耐、徳であり、ないと遥かに不便にある。19世紀以前の暮らしには戻りたくないと思うが。

          陰の自殺を防ぐには“社会は寛容であり、救いの手を差し伸べてくれる公的機関も多くあり、それを活用することは良い”と分かってもらうこと。“公的機関は世の中の徳、善意が法律化したものなので、利用するには、負い目を感じることは無い”と分かってもらえること。

          いずれにせよ、自殺をしたら“楽になれる”、“やり直せる”考えは安易で無責任と思う。

          最後に「自殺者は地獄行き」と言っていない。
          道教はまず所謂、地獄はない。
          言いたいのは“自殺をしたら、楽になるのは安易で、逆に来世はより不利になるよ”と。
          もちろん来世があると信じる前提は必要だが・・・

  51. 私の数々の愚問そしてよろしくない発言に付き合って下さりありがとうございました。
    去年の相次ぐ芸能人の自殺、数年前の事ですが、に某バイプレーヤーが某バラエティー(ゴチ)で2回連続ピタリ賞を当てた半年弱後に急性心不全で逝去が有り、後者の場合は、人生の運を使い果たしたからでは無いかと思います。(他の芸能人でもその様な事は全く無いかもです。)
    あまりにもいい事が有り過ぎると人生の運を使い果たしてしまいかねず、そうなると心臓、不慮の事故、自殺で亡くなる事もあり得ます。
    これらを目の当たりにした私は、自殺を考えようかと思っていました。人生の運を使い果たしたら無理に生き抜く必要無いかなと思った事も有ります。
    この先、心臓、不慮の事故で亡くなるか分かりません。
    その間、徳を積めたらと思います。
    駄文、長文失礼しました。

    1. あなたが挙げた例は見つからないが、逆にとんでもない九死に一生を得る例も同じ位の確実で起こると思うが。

      あまりにもいい事が有り過ぎると人生の運を使い果たしてしまいかねず、について
      謙虚・慎重な心構えはとってもよいと思うが人はどれだけの“運”はあるのかは誰にも知らない。
      当たりの様な運が不気味と思うのであれば、コツコツと仕事をして自分の実力で拓けて(ひらけて)いく運に尽力すればよいではないか。頑張ってね。

  52. 他人を虐めて自殺へ追いやったがそれを忘れ終生全力で幸せを目指し生き抜いたA
    Aからの虐めに心を病み若くして自殺してしまったB
    来世において、どちらの方がよりマイナスからのスタートとなりますか?
    やはり自殺してしまったBなのでしょうか?

    1. 輪生転生を信じるのを前提として、道教は現生の善悪の報いはプラスマイナスゼロの考えはない。不徳を行った分の来世の不利を生き、徳を行った分の来世の有利を生きる。一人の人生と言ってもよい時もあるし悪い時もある、平坦ではない。また、善悪の報いの内容、度合いによっては一つの人生の一時で完結する場合もあるが幾つの人生をまたがる場合もある。この善悪の報いを図ることは人知を遥か、遥か(強調)に超えているため理解することは無理と思うが、もちろん占いなどで解こうとする試みもあるが果たして可能でしょうか・・・

      以上を踏まえると、不服と感じるかもしれないが、今、人生に置かれる理不尽は前世の行いの因果かもしれないため、臆すことなく立ち向かってもらいたい。逆に今の優位性も同じ因果なので驕ることなく謙虚な姿勢をもつべきである。

      あなたの例えA、Bのマイナスの度合いについて
      道教には道(タオ)の法→天の法→地の法→人の法との考えがある。
      他の法より完璧ではないが、人が人を裁く唯一使える人の法は他の法の試行錯誤の蓄積より派生しているため、低レベルではあるが他の法の推計にはなる。
      “人の法”は人の心情、文化、慣習、法律などを含むのでA、Bを考えると、Aの場合は虐めの期間、執拗性、得の具合、衝動性など。Bの場合は自殺に至るまでの虐めを受けた期間、自尊心、忍耐力、損の具合、衝動性などのことも考慮されるでは・・・
      また先ほど述べた善悪の報いは平坦ではないので”位置について・よーい・ドン”とゆう訳ではない。人生のスタートは分かりやすいが、フィニッシュは分からないのでやはり自分で終わらせるのは良くない。

      最後にAが自分の負の行為を忘れないで、改心をしてもっと良いことをするかも・・・
      逆にBが生き延びてのちに他人を虐めるかも・・・
      プラスマイナスゼロの考えにはならないはず。

  53. 貴方が周りの人に自殺して欲しくないのはよく分かりました。
    貴方なりの誠意が込められていて、一種の必死さのようなものも感じ取れました。
    しかし貴方の言っている事が全て正しいとしても、私の友人がもし「死にたい」と零した時、正直この文章を読ませたくはないです。
    私も弱い人間ですし、世の中の厳しさを諭された時、それが正しいと分かっていても、挫けてしまったことは何度もありますし、死んでしまおうと思ったことも何度もあります。
    実際に手首を切って湯につけて、死ねるかと試したこともあります。
    大切な人に自殺して欲しくないのは分かりますが、厳しさを諭すだけで動けるほど、強くない人もいるのです。
    どれだけ貴方が誠心誠意を込めて世の厳しさを説いて、生きていかなきゃならない理由を述べても、それでも死ぬことを選んでしまう人もいるのです。
    貴方からすればそんな人は理解できないのかもしれませんが、そういう人もいるのです。
    死はそれほど魅力に満ちていて、惹きつけられるものでもあるのです。

    このコメントが貴方のお目を汚すようなら、消してしまって構いません。

    1. 今一話は嚙み合わなく、誤解されているようだ。
      ① “世の厳しさ”を説いている訳ではない。
      来世の厳しさは現世の行動にかかっているので、自殺をしたら楽になるのは安易な考えであるよと。自殺をしたあとの話、この世の厳しさの話ではない。
      ② 自殺は強さ、弱さと関係ない。
      まず、弱さ、強さと自殺は関係ない、
      弱くても一生懸命生きている人は多い。
      強い人も自殺をする。
      2021年7月30日 8:47 PMコメントに例を挙げている。
      ③ 自殺の良し悪しは大切とか大切じゃないとかと関係ない。
      あなたのように、大切な友人に自殺を勧める人もいるし、勧めない人もいる。
      また、大切にされていない人、天涯孤独の人に対しても“自殺をすれば楽になる”
      考えは安易である。

      死の魅力について
      “自殺をすれば楽になれる”の信ぴょう性は“自殺をすれば来世、苦しむ”と同等、またそれ以下。
      理由
      ① 死んだら“ただ地に帰る”のであれば、それは死んだほうが楽になると思うかもしれないが、長い人生、苦難の度に自殺をしていたら幾ら命があっても足りない。
      また、苦しんでいる人、全員に自殺を薦めていたらどのような世の中になるでしょうか。
      ② “死”の先はいまだに未知なので自殺しだら必ず楽になれるとの結論は出ていない。
      2021年7月19日 5:48 PMコメントに以下を書いた
      人は苦難・死に直面したとき、それを自分の意志で回避をし、納得をして受け止めればよいところを金がある人は免罪符、お金は無い人は慈悲・自殺などのようなものに頼ろうとする。残念ながら、強い人間はそれらをカモにする。
      不安に乗じた詐欺は人の業、信仰に限らないと思うが・・・

      自殺をしたら“楽になれる”、“楽になれない”をお金と結び付ける輩がいればそれは信じない方が良い。

  54. 死んでもいいからもう生まれ変わりたくない

    この世に生まれてきたくない

    もう完全に宇宙から消えたい

    こういう人間もいるんですよ

    生半可な気持ちで上っ面だけ書いても意味ねーんだよ

    1. “存在したくない人も存在する”のは特に難しい概念ではないので、普通に理解していと思うが。

      一歩踏み込んで、以前にも同じようなコメントを述べたが、
      あなたがどの段階で“消えたい”気持ちを持ち始めたのは分からないが、
      根本的に人は生まれた時から自分の将来を悲観視し“消えたい”・“自殺をしたい”気持ちは持たない。

      では人は何時から“消えたい”・“自殺をしたい”を考えるようになるのでしょうか?
      それは他人と比べ始めた時、また自分の過去と比べ始めた時。
      他人と比べた時(若い人が陥りやすい):情報で溢れている昨今、ニュースになるのは両極端、極端に良いか極端に悪いか、人は陽の存在なのでどうしても良い方良い方と比べる。向上心を持つのはよいが、他人の情報は参考にする位にしてあんまり真に受けない方がよい。
      自分と比べた時(年配の人が陥りやすい):主に時間軸と関係ある、人は陽の存在のなどでどうしても若い時の活発的で健康な状態を切望する。若い時の尺と年取った時の尺を一緒にしないこと。また昔、使った尺は参考にして、今は今の尺はで行わないと。これらの尺は混用すると“消えたい”または“自殺したい”気持ちに陥る。

  55.  私ごとで恐縮ですが、昨日(8月25日)に、2回目のコロナワクチンを接種しました。接種から約24時間経過しましたが、接種したところが痛むだけで、だるさや発熱は、今のところありません。
     ワクチンでは、自殺できないと思いました。
     ありがとうございました。

    1. 良かった,僕も2回目のワクチンを接種した。
      1回目は腕が軽く腫れて痛く、約20時間後だるさもあったが一晩寝たらケロッと治りました。
      2回目は1回目と同じく腕が軽く腫れて痛く、20時間過ぎと強い倦怠感に襲われ、体温は37.2度、少し咳もあり、まるで風邪を引いたよう。次の日は少し疲れが残りその次の日は普通に戻った。

      私の見解
      ファイザーで出来る抗体は2回目のほうが1回目より最大25倍増えるので、一回目より倦怠感が増すのも納得。
      https://www.fujita-hu.ac.jp/news/j93sdv000000b3zd.html
      図2参照。
      以上を踏まえると、いわゆる“副作用”はワクチンとの相性の悪さより抗体が多くできるため、僕みたいに強い倦怠感を感じる人もいると推測できる。
      体はそれだけ大量の抗体を作って、それが血液を介して全身に廻り体も疲れるであろう。
      もちろん僕が経験して”副作用”は一例であるが、まあ、ともかくワクチンを打ててよかった。

      因みに女性は男性より多く抗体できるので女性はいわゆる“副作用”
      を強く感じるかもしれない。

      上と同じリンク https://www.fujita-hu.ac.jp/news/j93sdv000000b3zd.html
      図3参照。

FD へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です