新年のご挨拶

DSC04626天門2015・1・1・800X600あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

本年の正月は穏やかで、いつも以上によい写真取れました。
雲ひとつも無く、澄み切った空と聖天宮のコントラストは圧巻です。

投稿者:

聖天宮法師

引用するする場合はこちらの blog を必ず表記してください。 http://www.seitenkyu.com/blog2/

“新年のご挨拶” への2件のフィードバック

  1. 夫婦仲良しで、子連れ再婚で、15年目なのですが、前回の夫が会社のオーナーでもありとても、怖くパニック障害になり犬と五歳の、子供をつれて逃げてきて今に至ります、
    そのせいなのか今の旦那が舌打ちをしたりされるだけで、とても心配して不安になり、この世から消えたくなります?自殺は三回ほど行い救急で命は、取り戻してしまいました。

    勿論心療内科にも通っております。回りからはとても、明るい人間だと思われております。よくしゃべる悩みないだろう?ともいわれます。

    ですが、悩みは数えきれないほどあるよ。けど、いっても解決など、できなきような問題だからねーと、話しております。
    死の世界、【個人の名前は削除】の話なども聞いていて私も幼き頃から霊をかんじたりしているので、自殺だけはしてはその後が、辛い
    自殺したらその後の魂が家族にあえない等も、信じておりますが、

    やはり

    毎回拝むことは、長生きをしたくない。その分ペットや娘が、健康に生きれいけるようにと、願ってしまいます。もう自分のことは独身のときも楽しくいきてきたし、思い残すことが49になって、ないのです

    来週樹海にいこうと、思っています。自殺ではなく迷いこみ出口が見つからなければ自然死←になると、考えているからです、

    自らの、命を自殺としてのこさなければ魂はかなり居場所がかわりますよね?

    1. 道教では人生に12の要素はあり、人と関わる要素、自分、親、兄弟、伴侶、子供、交友。“自分”以外には別の人格があり、それぞれ別行動をとり、噛みあわないのが普通、うまく行くときは感謝。よって自分の善意だけに集中し、他人の善意を要望しないのが鉄則。

      命を自殺としてのこさなければ魂はかなり居場所がかわりますよね?について 
      魂の居場所の違いは①この世にあるのか、②あの世にあるのかの違いしかない。
      身体と一緒じゃない陰の魂が陽の世界に居続けるのは何処であろうとよくない。

      樹海に行くについて
      自殺の意志のもとで行った自殺はどう繕っても自殺である。
      自殺する本人が一番わかっているし、またあの世ももちろん分かる。

      代替案を勧める
      生きる意欲が無ければ人の後始末をする、陰の仕事をしてもらいたい。
      リサイクルセンター分別作業員、夜間・閉店後店舗清掃など。
      人と対面しない人の後始末の仕事がよい。

聖天宮法師 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です