社会の成り立ち②宿命はない

前回もまた運命の話をしまた。やはり、道教を話すには運命の話も必要です。占いの運命ではなく、社会の成り立ちとして色んな役割の運命です。社会の多種多様な面に表れ、良くも悪くも、一人一人があてはめられます。この摂理は宿命としてではなく、社会の必然として誰かがしら担わなければならない役割があると言うことです。
したがって、特別な存在であっても、その役割を果たさなければ、形を変え、また別の人が代わりにはいるだけです。

運命⑥変えられる?

運命は変えられないと以前言いましたが、よく考えるとそんなことはありません。

”運”も”命”も自分の意思で変えられます。例えば親が嫌いだったら絶交して、家出をすればいいし、国籍を外国に変えればいいし、整形、性転換も今ではできるなど。運命を変えるのは本来の運命よりよくなりたいためにすると思いますが、変えることに伴う順応の努力は変えないよりは覚悟が必要と思います。
自分の意思で変えたとしても果たして”運命”を変えたと言えるでしょうか、”変える”のが運命だったりして・・・禅問答ですね。

社会の成り立ち①平等?

”運命”の書き込みが多くて誤解を招いているかもしれないが、
目的は占いでないく、いかに”道教”はどう皆様の役に立てるのかを説明するために述べたための知識です。

道教の考えでは社会の多種多様な面には、良くも悪くも、一人一人があてはめられます。
これは社会の成り立ちとして必用な摂理であります。
よく私が言うのは、”世の中、すべての人が医者であっても誰かしらゴミを集めて処理をしなければならない”。
人の心情として、ごみ収集の仕事よりは医者になりたいでしょうが、”道教からすると差はほどんない”、といいたいが・・・

運命⑤命の良し悪し

そういえば命の良し悪しは語っていてませんでした。
命は先天性なので、生まれた時には決まっています。
乗り物の乗りとして以前も述べました(リンク)

命の良し悪しは ”車”と”自転車”を一つの例えとして比べると、同じ”運”の条件であれば、”車”の方が”自転車”より快適であり、遠くへ進すむこともできます。
例えば、健康な命を持っている人は悪い人と比べると苦労は少ない。親、親族が元気であれば心配することは少なく自分のことに専念ができるので先へ進みやすい、ということです。

占いではないです。”運命”は”道教”と深いつながりがあるから説明をしたいます。
今後はお楽しみにしたください。

太極⑦太極拳の力学

今日も元気よく土日の太極拳。

太極拳のスローな動きを侮れてはいけません。

上丹、中丹、下丹があります。
”気”の話しを抜きにすると、上丹、は頭、中丹、は上半身、下丹、は下半身。
これらの捻りが太極拳の技に力をあたえます。

己が求めれば求めるほど難しく、深いです。と個人的に思って太極拳をしています。

土日、7:30から8:00聖天宮の前広場で行っています。

来週はお休みです。

運命④運命の良し悪し

”命”は乗り物、”運”は地図。単純に良し悪しで分けると以下になります。

良い”命”、良い”運”、乗り心地は良いし、道も真っ直ぐ凸凹がすくない。
良い”命”、悪い”運”、乗り心地は良いが、道はくねくねして、凸凹もある。
悪い”命”、良い”運”、乗り心地は悪いが、道は真っ直ぐ、凸凹がすくない。
悪い”命”、悪い”運”、乗り心地は悪く、道もくねくねして、凸凹もある。

占いではないが、皆さんはどれに当てはまるでしょうか。

太極⑥太極拳、力の元

今日も元気よく土日の太極拳。予報より暖かく感じれたので良かったです。
振り返と雲一つのない澄み切って空の聖天宮がまぶしい。

太極拳のスローな動きを侮れてはいけません。

”動”、”勁”はご存知ですか。漢字の形でご託を並べたくないが、
”動”は重さの力、”勁”は張りつめた紐の力、弓の弦に相当する。
”動”は外から力を持って重を動かすイメージがあります。
“勁”は弓を曲げての力、内の秘められてる力のイメージがあります。

全身をひねりと弧を描く多くの太極拳の動きは”勁”を多く使っているイメージですると面白いです。
内の力のみで攻撃を放つのは太極に通じ合うところがあります。

己が求めれば求めるほど難しく、深いです。と個人的に思って太極拳をしています。

土日、7:30から8:00聖天宮の前広場で行っています。

陰陽⑤運命とのつながり

以前も述べましたが、「陽」は始まり、「陰」は終わり、物事は始まりがありれば、終わりがあるとの考えです。

これを踏まえて少し現実味のあることを話します。
命にのり、運を進んでいくなかで、己に目標があれば、自分で始めて、自分で行え、達成する。これで一つの陰陽が完成されます。これは、理論上、運命を進めていく一番単純な要素になります。

例えば、職場へ行って、仕事をして、帰る。
これも一つの陰陽です。このような陰陽は日々生活に多くあります。

運命③”運”の良し悪し

”運”についてもう少し述べたいと思います。
”運”の地図には多くの陸標があり、”目標”または”望み”としましょう。
周りに影響されながら、私たちは運という地図の上で”目標”を決め、
進んて行き、達成すると、また次の目標をめざします。

大きな達成をするためには基本的には一つ一つの目標を重ねていく必要があります。
”運”のいい人は”目標”が割合と連なっていて、運の悪い人は点々バラバラで効率が悪く、
達成するのは難しい。運の悪い人は悪いなにに頑張るしかないです。