民主主義は所詮バーチャル

一番民意を反映するとされる民主主義の最大の”善意”でも10の3が限度であり、リアルに落とさないと所詮バーチャルである。
現在の民主主義のような10の10の争いでは成り立たない。
有限である人が10の10を掲げ、民主主義を語るのは所詮無理がある。
せめて実現できる”善行”10の2以下にしないともたない。

善意と比べ善行は絶対的に低効率

”行え”が100%”善意”であっても10の3。それを”善行”にするとまた更に効率が悪い。
前回述べたが、よくて3の2。
”善意”はいわばバーチャルの世界、”善行”はそれをどこまでリアルな世界の落としこむのが大事。ただ、よかれと思うことが逆に働く場合もあるので注意。
例えば子のために仕送りしたが、それを子が遊びに使ってしまうとか。しかも子に”あんたのせいでグータラになった”とか。男女関係はヒモ、社会保障は不正受給、国家政治はチェンバレンとヒットラー、中国と北朝鮮などなどにも当てはまる。

社会10の2は個人10の2より

個人の1/3は活動、1/3は寝る、1/3は”行え”は社会にも当てはまる。
1/3は”意思疎通”、1/3は”基礎維持”、1/3は”政治”になる。

社会の1/3”基礎維持”はインフラ維持など、個人の眠るに等しい。

社会の1/3”活動”は集団としての”意思疎通”と統制、個人で置き換えると身体の制御。民主主義は民意、独裁者は1人の決断で全員が従う。

社会の1/3”政治”は社会として何を目指す。個人の行え。

政治、民主主義も独裁者も平均66点の合格点をつけると個人の集合体である社会も結局10の2の法則に合致する。

個人の10こそ8と2

老子曰く:
人生の10の3は生きるため、10の3は死ぬため、10の3は死に場を変えるため。

すなわち、1/3は活動、1/3は寝る、1/3は”行え”。
”行え”が全て善意であっても全てが”善行”になるわけではない。凄くシンプルな例えとすると、美味しい料理を作ってもゴミは出る、熱を使うなど。一般的に考えても善意3の3でも善行は3の2で精一杯。よって3の1の”行え”とその3の2が善行と考えると約10の2が人の”善行”の上限であろう。

8の覚醒と浸食、2の維持

8に含まれる安い資源は干からび、8に含まれる安い労働は目覚め、民主主義の2を維持するのはだんだんと難しくなりつつある。

自然の懐は無限なので資源の枯渇は技術革新で乗り越えるが安い資源は無くなり2を維持のためにどんどん効率の悪いものになる。
安い労働はのAI、ロボティクスで乗り越えるがただ労働のハードルを上り、専門性の知識がないと職につけなくなる。2の維持の為なのに2から脱落者を生む。

民主主義は所詮10の2のため

そもそもアクロポリスで生まれた民主主義は人口の2割の”民”のみが参加し、女性と奴隷と外国人を含む8割は参加できない。

歴史上全ての民主主義はそうと思う。例えば、今現在の民主主義はグローバル化し、規模が大きくなっただけで、やはり2割の”民”(先進国)をその民主主義に参加できない8割(外へ外への安い労働、安い資源)で支えている。やはり民主主義は古代と差ほど変りなく所詮10の2のため。人は昔から相変わりがないとゆうことだ。

番外:歴史注意・トランプとヒットラーは違う

ポピュリズムを使う政治家は”ヒットラーだ!”と狼少年のように歴史の闇で人の憎悪を煽ることはよくない。

トランプとヒットラーとの違い。
①ポピュリズムにより最高司令官になったかもしれないが、投獄と粛清の手段は使っていない。
②領土領海の奪還・併合の主張はない。
③義理の息子と娘、ユダヤ教の2人は健在であること。

歴史上、今の尺を安易に昔の出来事に当てはめるのも注意必要が、同じ様に安易に昔の尺を今の出来事に当てはめるのも注意が必要。

歴史の纏わる悪口は程々に

勝った、負けか、侵した、侵されたのどちらであろうと歴史に纏わる悪口はほどほどにするべき。簡単に4パタンがある。①侵して勝つ、②侵して負ける、③侵されて勝つ、④侵されて負けるどれもよくない。

私生活もそうと思うが、ずうっと人の悪口を言い続けると、最初を面白半分で同情をもらえるが、最後は第三者までもしらける。
器の小さい、他人とやっていけない人と思われるだけ損。
ましてはその十字架を子孫まで背負わせるのはどうかと思う。

国同士のいざこざに特に当事者でもない子孫たちが猛々しく憎悪を煽動することは痛ましく堪らない。悪い政治に利用されるだけ。前線に立つのはそうさせる政治家じゃないのを忘れるな。

歴史から何を学ぶ

最近のニュースを見るとどうしても以下を繰り返したい。

歴史を学ぶこころえ
一・”歴史は二の轍を踏まないようにとあくまでも自分に対しての教訓とする。”
一・”現在の尺で過去を測ってはいけない。”

戦争を一例としてあげると、勝った、負けか、侵した、侵された、と関係なく関わる全ての者が知るべき。