上に立つ人は自ら不利を被るべき

独裁、統治力、義勇軍、テロリスト、セクハラ、スキンシップ・言葉遊び。
表には必ず裏がある。上に立つ人は威厳を保ちながら不利を被る心構えが必要。

独裁と言われない様に振る舞うこと。
他人をむやみにテロリストと呼ばない。
セクハラにならない様、親しい中でも礼儀は大事。

上に立つ人の問題回避のすべ

予算と人員が乏しい団体はともかく、人員もお金もある団体としての想像力は著しく欠けている。

事が起きてから対処したり、また、たまたまその場に居合わした現場の者に責任を押し付けたりするのは上に立つ人として情けない。

男性の看護師を同伴したり、または男性の関係者の誰かに看護師の資格をとらせたりすれば一石二鳥。”生死をかけた力比べ”と云う割に救命体制はお粗末。