上としての役割と退く覚悟

師弟、先輩後輩、年長年少、親子もそう。
上は常に伸びていれば下は随うが、もし上の役割が下を伸ばすのであれば下が上より伸びることは喜ばしいはす。上が下の伸びを妨げるのはただの傲慢にすぎない。

下が伸びたなのか、または上が伸び悩み、または縮んたのかの見極めが必要。

投稿者:

聖天宮法師

引用するする場合はこちらの blog を必ず表記してください。 http://www.seitenkyu.com/blog2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です