選挙は政治家の教育でもある

台風が来ようか、やりが降ろうか選挙に行くべき。
選挙に行かないと、民主主義の一員としての義務と権利を放棄
した以上に政治家を悪くする。
間違っているのであればただし、合っていると思えば褒める。
暴力を使わなければ政治家は民意の一票で教育するしかない。

昔は政治を変えるには一揆しかなく、まさに命をかけた1回切りの一票。
それと比べたら、台風が来ようか、やりが降ろうか選挙に行くべき。

投稿者:

聖天宮法師

引用するする場合はこちらの blog を必ず表記してください。 http://www.seitenkyu.com/blog2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です