不倫も流用も戦争も向上心?

不倫も流用も戦争もそれらは紛れもなく蛮行だが、今より愛が欲しい、お金が欲しい、国の豊かさのため領土が欲しいなどの動機であるならば一種の向上心でも言える。
生きていく上、向上心は大切だが、履き違えた行為は結果、伴侶を裏切り、納税者を裏切り、民の安らぎを裏切る。
伴侶がいるこその家族、納税者がいるこその税金、民がいるこその国力を忘れてはならない。

投稿者:

聖天宮法師

引用するする場合はこちらの blog を必ず表記してください。 http://www.seitenkyu.com/blog2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です